ルドルフ・フォン・ラインフェルデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メルゼブルク大聖堂にあるルドルフ・フォン・ラインフェルデンのブロンズ製墓碑

ルドルフ・フォン・ラインフェルデン(Rudolf von Rheinfelden, 1025年頃 - 1080年10月15日)は、シュヴァーベン大公(在位:1057年 - 1079年)、ハインリヒ4世に対するドイツ対立王(在位:1077年 - 1080年)。

ブルグント王家の傍系の出とされる。1057年に神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世の寡婦で摂政位にあったアグネスはルドルフをシュヴァーベン大公位に就けた。1059年末には、ハインリヒ3世の娘マティルデをさらって結婚し、皇帝ハインリヒ4世の義兄となった。1077年1月のカノッサの屈辱を経て、同年3月、フォルヒハイムで反ハインリヒ4世派はルドルフを対立王に選出した。ルドルフはザクセンの有力貴族オットー・フォン・ノルトハイムに支えられ、ザクセンにおいて強い支持を得た。これに対しハインリヒ4世は、1079年にルドルフからシュヴァーベン大公位を奪い、シュタウフェン家のフリードリヒ1世に与えた。1080年10月15日、ハインリヒ4世との間に起こったエルスターの戦いにおいて右手を失い、その傷がもとで死去した。

子女[編集]

1059年、神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世の娘マティルデと結婚したが、1060年マティルデは死去した。その後1062年にサヴォイア伯オッドーネの娘アデライデ(皇帝ハインリヒ4世の妃の妹)と再婚した。

  • ベルトルト1世(? - 1090年) - シュヴァーベン対立大公(在位:1079年 - 1090年)
  • アグネス(? - 1111年) - ツェーリンゲン公ベルトルト2世と結婚
  • アデライデ(? - 1090年) - ハンガリー王ラースロー1世と結婚

参考文献[編集]

  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年
先代:
オットー3世
シュヴァーベン公
1057年 - 1079年
次代:
フリードリヒ1世
ベルトルト1世(対立大公)