アドルフ (神聖ローマ皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アドルフ・フォン・ナッサウ

アドルフ・フォン・ナッサウ(Adolf von Nassau, 1250年 - 1298年7月2日)は、神聖ローマ皇帝(正しくはドイツ王、在位:1292年 - 1298年)、ナッサウ伯ナッサウ家出身で神聖ローマ帝国の君主となった唯一の人物。

生涯[編集]

ナッサウ伯ヴァルラム2世と妃アーデルハイトの息子で、1276年頃にナッサウ伯を継いだ。しかしナッサウ領は1255年に分割されており、アドルフが受け継いだのはヴィースバーデンを中心とするナッサウ領の南半分であった[1]。アドルフはフランス語、ラテン語の読み書きができる教養人であった[1]。1288年、ヴォーリンゲンの戦いにおいてゲルデルン伯ライナルト1世側で戦い敗北し、捕虜となったものの、無償で釈放された[2]

1291年のハプスブルク家ルドルフ1世の死後、その子であるアルブレヒト1世と皇位を巡って争った。しかし、1292年5月5日、フランクフルトの会議において選帝侯の支持を背景にして国王に選出され、7月1日にアーヘンで戴冠式が行われた[2]。ルドルフ1世の時と同様に、選帝侯は皇帝権力の強化を嫌ってアドルフを支持したのである。

しかし、上述の経緯から傀儡に近い立場であったため、皇帝権力の強化を目指して領土拡大を積極的に推進したが[3]、これは皇帝権力の強化を嫌うドイツ諸侯からの反発を招いた[4][5]1298年6月23日マインツにおいて、アドルフは選帝侯らにより廃位され、同年7月2日にゲルハイムの戦いにおいて、宿敵アルブレヒト1世と戦って敗れ、戦死した[6]シュパイアー大聖堂に葬られた。

権力基盤の脆弱なアドルフは、娘メヒティルドをヴィッテルスバッハ家上バイエルン公ライン宮中伯ルドルフ1世に嫁がせて支援を得ようとした。結局それはかなわず、アドルフの死後もナッサウ家は振るわなかったが、自らの死後にメヒティルドが生んだ孫アドルフルドルフ2世ループレヒト1世はライン宮中伯(後にプファルツ選帝侯)となる。

子女[編集]

イーゼンブルク=リンブルク伯ゲルラッハ4世の娘イマージナと結婚、以下の子女をもうけた。

  • ループレヒト6世(1280年以前 - 1304年) - ナッサウ伯
  • メヒティルド(1280年 - 1323年) - 上バイエルン公ライン宮中伯ルドルフ1世と結婚
  • ゲルラッハ1世(1288年以前 - 1361年) - ナッサウ伯
  • ヴァルラム3世(1294年 - 1324年) - ナッサウ=ヴィースバーデン伯

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 瀬原、p. 38
  2. ^ a b 瀬原、p. 39
  3. ^ 瀬原、p. 40
  4. ^ 瀬原、p. 42-43
  5. ^ 成瀬 他、p. 296
  6. ^ 瀬原、p. 44
  7. ^ Louda & Maclagan, p. 72

参考文献[編集]

  • 瀬原義生 『ドイツ中世後期の歴史像』 文理閣、2011年
  • 成瀬治 他 『世界歴史大系 ドイツ史1』 山川出版社、1997年
  • Jiří Louda & Michael Maclagan, Lines of Succession, Little, Brown & Company, 1981.
先代:
ルドルフ1世
ドイツ王(ローマ王)
1292年 - 1298年
次代:
アルブレヒト1世