カール3世 (フランク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カール3世
カール3世

カール3世ドイツ語Karl III der Dicke, 839年6月13日 - 888年1月13日)は、東フランク王国国王(在位:882年 - 887年)および「西ローマ皇帝」(在位:881年 - 887年)。後に西フランク王国国王を兼ねる(在位:884年 - 887年)。西フランク王としてはシャルル肥満王フランス語Charles le Gros)と呼ばれる。異称は「肥満王」(ドイツ語:der Dicke、フランス語:le Gros)。東フランク王ルートヴィヒ2世(ドイツ人王)とその王后でシュッセンガウ伯ヴェルフの娘エンマの息子。分裂していたフランク王国を一時的に統一したが、統合を維持することはできなかった。

生涯[編集]

876年、ルートヴィヒ2世の死去を受け、カール3世は兄のカールマンルートヴィヒ3世とともに父の遺領を分割し、アレマニア(後のシュヴァーベン)を継承した[1]879年にカールマンからイタリア王位の譲位を受け、881年2月21日にはローマで皇帝カール2世(西フランク王シャルル2世)の後を嗣いで教皇ヨハネス8世より西ローマ皇帝として戴冠された[2]882年には死去したルートヴィヒ3世の遺領を相続し、東フランク全土を手中に収めた。さらに884年、西フランク王カルロマンが死去、西フランクの政治を担っていたジュミエージュ修道院長ゴズランから西フランクをゆだねられ西フランク王として即位した[3]。これにより、カール3世はフランク王国の統一を達成した。

カール3世の権威の上昇には、西ヨーロッパ全体の復興の可能性があった。しかし彼は優柔不断でその才能も熱心さもなく、病(てんかんと考えられている[2])を患っていた。サラセン人の侵入に対してイタリア遠征を繰り返したものの失敗に終わり、886年にはパリに侵攻してきたヴァイキングに対して金銭を支払って講和を結んだ[4]。さらに、庶子のベルンハルト、次いでプロヴァンス王ボソの子ルイ3世(プロヴァンス王、のち皇帝)を後継者にしようとして失敗した[4]

これによって、カール3世はますます弱腰で無能であるとみなされるようになり、887年11月には甥のアルヌルフがドイツを拠点に反乱を起こすに至った。しかしカール3世はナイディンゲンに逃れただけで何の策も打てず、トリブールの帝国議会において退位し[5]、2ヵ月後の888年1月13日に死去した。 彼の歿後、アルヌルフが東フランクとロタリンギアを、ヴァイキングとの戦いに功があったパリ伯ウードが西フランクを、ルートヴィヒ1世の孫のフリウリ公ベレンガリオ1世がイタリアを、ルドルフ1世が上ブルグントを、ルイ3世(盲目王)がプロヴァンスをそれぞれ継承した。そしてこれより後、フランク王国がみたび統一されることはなかった。また、891年にはヴィドー家のスポレート公グイードが西ローマ皇帝として戴冠された。

子女[編集]

シュヴァーベンの伯エルハンガーの娘とみられるリヒャルディスと結婚したが[6]、嫡子は得られなかった。

以下の庶子がいる[7]

  • ベルンハルト(? - 891年?)

脚注[編集]

  1. ^ 成瀬他、p.52-53
  2. ^ a b 瀬原、p.55
  3. ^ 柴田他、p.171
  4. ^ a b 瀬原、p.56
  5. ^ カラー世界史百科、p.127
  6. ^ Reuter, p.73
  7. ^ Reuter, p.336

参考文献[編集]

  • 成瀬治 他 編 『世界歴史大系 ドイツ史 1』 山川出版社、1997年
  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年
  • 柴田三千雄 他 編 『世界歴史大系 フランス史 1』 山川出版社、1995年
  • ハンス・K・シュルツェ 『西欧中世史事典II-皇帝と帝国-』 ミネルヴァ書房、2005年
  • 成瀬治 監修 『カラー世界史百科 増補版』 平凡社、1985年
  • Reuter, Timothy. Germany in the Early Middle Ages 800-1056. New York: Longman, 1991.
先代:
カールマン
上ブルグント王
879年 - 887年
次代:
ルドルフ1世
先代:
カルロマン
西フランク王
884年 - 887年
次代:
ウード