ルイ・アントワーヌ (アングレーム公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルイ・アントワーヌ
Louis Antoine
ブルボン家
Louis antoine artois.jpg
アングレーム公ルイ・アントワーヌ
称号 アングレーム公爵
ドーファン
全名 Louis Antoine
ルイ・アントワーヌ
出生 (1775-08-06) 1775年8月6日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国ヴェルサイユヴェルサイユ宮殿
死去 (1844-06-03) 1844年6月3日(68歳没)
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国
イリュリア王国ゲルツ
埋葬 オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国
イリュリア王国ゲルツ聖マリア受胎告知教会
配偶者 マリー・テレーズ・シャルロット・ド・フランス
父親 シャルル10世
母親 マリー・テレーズ・ド・サルデーニュ
テンプレートを表示

ルイ・アントワーヌ・ド・フランスフランス語: Louis Antoine de France1775年8月6日 - 1844年6月3日)は、フランス王国王太子ドーファン。弟にベリー公シャルル・フェルディナン・ダルトワがいる。

生涯[編集]

1775年、アルトワ伯シャルル(後のフランス王シャルル10世)と妃マリー・テレーズ・ド・サルデーニュサルデーニャヴィットーリオ・アメデーオ3世の娘)の長男としてヴェルサイユに生まれる。伯父ルイ16世によってアングレーム公(duc d'Angoulême)の称号を授けられる。フランス革命後は家族と共に亡命生活を送る。

ロンドンに亡命中の1799年、ロシアクールラントに亡命宮廷を開いていた伯父ルイ18世の勧めにより、ルイ16世とマリー・アントワネットの長女で従妹のマリー・テレーズと結婚。結婚後はコンデ公らと対ナポレオン戦争に加わった。

1815年の百日天下が終わって第二次復古王政が始まると、白色テロを行う超王党派の1人として国内で弾圧を行った。スペインリエゴ大佐の反乱に始まる革命が起こると、1823年にフランス軍を派遣して王党派を支援し、フェルナンド7世の復位に寄与した。しかし、ルイ・アントワーヌはイギリスでの長い亡命生活から議会政治への憧れがあり、絶対王制を強く支持する妻とは口論になる事も多かった。

1824年に父アルトワ伯が国王シャルル10世として即位すると王太子に立てられ、妻と共に国内視察や慈善活動を行ったが国内の評価は低かった。7月革命によって再び亡命生活を送る。なお、父シャルル10世の退位後、短時間だが形式的に王位を継承したともされ、ルイ19世と呼ばれることがある。しかし、ルイ・アントワーヌは国民に不人気だったため、父王から弟の遺児シャンボール伯アンリ・ダルトワへの譲位にただちに同意せざるを得なかった。結局、両者とも実際には即位できず、オルレアン公ルイ・フィリップが議会によって国王に擁立され、7月王政が成立した。

フランス追放後には、姓はド・ブルボンからド・フランスに改め、ルイ19世およびアングレーム公爵以外では、ルイ・アントワーヌ・ド・フランスを名乗った。

1844年、ゴリツィア(当時オーストリア帝国領、現在イタリア領)で癌に侵され闘病中に失明、死去した。夫婦仲は良かったが子女には恵まれなかった。

参考文献[編集]

  • 『マリー・テレーズ』スーザン・ネーゲル著 櫻井郁恵訳(近代文芸社、2009年)



先代:
シャルル10世
フランス王
ブルボン家正統派
(1830年)
(1836年 - 1844年)
次代:
アンリ5世
先代:
ルイ17世
フランスのドーファン
1824年 - 1830年
次代: