シャルル・フェルディナン・ダルトワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベリー公シャルル・フェルディナン

シャルル・フェルディナン・ダルトワ(Charles Ferdinand d'Artois, 1778年1月24日 - 1820年2月13日)は、アルトワ伯シャルル(後のフランス王シャルル10世)の次男。ベリー公儀礼称号を有した。19世紀後半のレジティミストたちの象徴となったシャンボール伯アンリ・ダルトワ(「アンリ5世」)の父にあたる。

1778年にアルトワ伯シャルルとマリー・テレーズ・ド・サルデーニュサルデーニャヴィットーリオ・アメデーオ3世の娘)の次男として、ヴェルサイユ宮殿で生まれた。フランス革命が起こると父とともに亡命し、1792年から1797年にコンデ軍に仕えた。ついでイギリスに渡り、その地で平民女性エイミー・ブラウン英語版と知り合い、彼女との間に2人の娘をもうけた。しかしこれは教会からも国王からも認められていない結婚だった。

フランスの王政復古が成ると父とともにフランスに戻ったが、ナポレオン百日天下の際にはルイ18世とともにヘントに逃れた。

1816年ノートルダム・ド・パリで、両シチリアフランチェスコ1世の長女マリー・カロリーヌと結婚した。彼女との間には4人の子をもうけたが、成年に達したのは2人だった(後述)。妻との仲は良好であったが、コメディ・フランセーズの女優達との情事を続けた。

彼は1814年憲章に反対する反動的王党派であったユルトラ英語版と 結びついていたため、狂信的なボナパルト派の馬具屋、ルイ・ピエール・ルヴェルによって、1820年2月13日オペラ座から出てきたところを暗殺された。ルヴェルは1815年パリ条約の責任はブルボン家にあると考え、血筋を断絶させることを狙ったのである。ただし、ルヴェルは死にあたり、行いの許しを乞うた。

ベリー公の遺体は、サン=ドニ大聖堂に葬られた。死後、非公認の妻エイミー・ブラウンが出産した2人の娘は、ルイ18世によりそれぞれヴィエルゾン女伯爵、ディスダン女伯爵とされ、年金を受け取れるようになった。

子女[編集]

  • マリー・カロリーヌとの子供
  • エイミー・ブラウン(貴賎結婚)との子供
    • シャルロット・マリー・オーギュスティーヌ・ド・ブルボン (1808年 - 1886年) - ベリー公の死後ルイ18世によりディスタン女伯爵とされる。1823年にリュサンジュ公爵と結婚。5児を出産。
    • ルイーズ・マリー・シャルロット・ド・ブルボン (1809年 - 1891年) - ベリー公の死後ルイ18世によりヴィエルゾン女伯爵とされる。1827年にシャレット男爵と結婚。
  • マリー・ソフィー・ド・ラ・ロシュ(1795年– 1883年)との庶子
    • フェルディナン (1817年 - 1908年)
  • ルイーズ・マンチーニ・ティリフォク (? - 1887年)との庶子
    • ルイーズ・シャルロット・アントワネット・アグラエ・ティリフォク (1819年 – 1843年)

他にも庶子が数名存在する。