ヴィットーリオ・アメデーオ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィットーリオ・アメデーオ3世
Vittorio Amedeo III
サルデーニャ王
Vittorio Amedeo III di Savoia.jpg
ヴィットーリオ・アメデーオ3世の肖像画
在位 サルデーニャ王
1773年2月20日 - 1796年10月16日
別号 サヴォイア公
全名 Vittorio Amedeo Maria di Savoia
ヴィットーリオ・アメデーオ・マリーア・デ・サヴォイア
出生 (1726-05-24) 1726年5月24日
サルデーニャ王国 サルデーニャ王国トリノ
死去 (1796-10-16) 1796年10月16日(70歳没)
サルデーニャ王国 サルデーニャ王国トリノ
王太子 カルロ・エマヌエーレ4世
配偶者 マリーア・アントニア・ディ・スパーニャ
父親 カルロ・エマヌエーレ3世
母親 ポリッセナ・ダッシア=ローテンブルグ
テンプレートを表示

ヴィットーリオ・アメデーオ3世イタリア語: Vittorio Amedeo III1726年5月24日 - 1796年10月16日)は、サルデーニャ王国の第3代国王(在位:1773年2月20日 - 1796年10月16日)。カルロ・エマヌエーレ3世と、2度目の妃ポリッセナ・ダッシア=ローテンブルグの子。

生涯[編集]

ヴィットーリオ・アメデーオ3世

1726年トリノで生まれ、即位するまでは「サヴォイア公」という称号だった[1]1773年に父が亡くなると王位についた。

フランス革命が勃発する前は、サルデーニャ王国で内政改革を推進した[2]

フランス革命が勃発すると、1791年に亡命してきたアデライード王女とヴィクトワール王女を保護した。第一次対仏大同盟にも参加したが、モンテノッテの戦いミッレージモの戦い英語版モンドヴィの戦い英語版などで連敗し、パリ条約を結ばされて同盟から脱落した。同年に病没し、トリノのスペルガ聖堂英語版で埋蔵され[3]、後を長子のカルロ・エマヌエーレ4世が継いだ。

人物[編集]

ナイーブだが、家臣にはその寛大さで愛されたという[4]

家族[編集]

1750年に、スペインフェリペ5世と後妻エリザベッタ・ファルネーゼの娘マリーア・アントニア(1729年 - 1785年)と結婚した[5]。結婚生活は良好で、マリーア・アントニアがヴィットーリオ・アメデーオ3世の政策に影響を与えることはなかったという[5]。2人は6男6女をもうけた[6]

  1. カルロ・エマヌエーレ4世(1751年 - 1819年)
  2. マリーア・エリザベッタ(Maria Elisabetta Carlotta, 1752年 - 1753年)
  3. マリーア・ジュゼッピーナ・ルイーザ(Maria Giuseppina Luisa, 1753年 - 1810年) - フランス王ルイ18世と結婚(夫の即位前に死去)。
  4. アメデーオ・アレッサンドロ(Amedeo Alessandro, 1754年 - 1755年) - モンフェッラート公。
  5. マリーア・テレーザ(Maria Teresa, 1756年 - 1805年) - フランス王シャルル10世と結婚(夫の即位前に死去)。
  6. マリー・アンナ(Marie Anna, 1757年 - 1824) - 叔父シャブレー公ベネデット(it, 1741年 - 1808)と結婚。
  7. ヴィットーリオ・エマヌエーレ1世(1759年 - 1824年)
  8. マリーア・クリスティーナ・ジュゼッピーナ(Maria Cristina Giuseppina, 1760年 - 1768年)
  9. マウリツィオ・ジュゼッペ・マリーア(Maurizio Giuseppe Maria, 1762年 - 1799年) - モンフェッラート公。
  10. マリーア・カロリーナ・アントニエッタ(Maria Carolina Antonietta, 1764年 - 1782年) - ザクセン王アントンと結婚(夫の即位前に死去)。
  11. カルロ・フェリーチェ(1765年 - 1831年)
  12. ジュゼッペ・ベネデット(Giuseppe Benedetto, 1766年 - 1802年) - モリアーナ伯( - 1796年)、アスティ伯(1796年 - 1802年)

脚注[編集]

  1. ^ Campbell. John: The present state of Europe, London, 1761, p 341
  2. ^ Rich. Elihu: Cyclopædia of biography, a series of original memoirs of the most distinguished persons of all times ed. by E. Rich, 1854, p 804
  3. ^ Bertolotti. Davide:Istoria della R. Casa di Savoia, Antonio Fontana, 1830, p 289
  4. ^ Botta, Carlo: Storia d'Italia dal 1789 al 1814, 1837, Torino, p 105
  5. ^ a b Morselli. Mario: Amedeo Avogadro, a scientific biography, Springer, 1984, p 6
  6. ^ Savoia”. 2010年8月26日閲覧。