カルロ3世 (パルマ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カルロ3世

カルロ3世(Carlo III, 1823年1月14日 - 1854年3月27日)は、パルマ公(在位:1848年 - 1854年)。

生涯[編集]

1823年、カルロ2世とその妃であるサルデーニャ王女マリア・テレーザの長男として生まれる。

1845年にフランスの王族であるベリー公シャルル・フェルディナンの娘ルイーズ・ダルトワと結婚し、2男2女をもうけた。

1854年にパルマの街道を歩いていたところを刺され、暗殺された。その後、長男ロベルトが公位を継承した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
カルロ2世
パルマ公
1848年 - 1854年
次代:
ロベルト1世