エンリコ・カルロ・ディ・ボルボーネ=パルマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バルディ伯エンリコ

エンリコ・カルロ・ルイージ・ジョルジョ・ディ・ボルボーネ=パルマイタリア語: Enrico Carlo Luigi Giorgio di Borbone-Parma, 1851年2月12日 パルマ - 1905年4月14日 マントン)は、イタリアのブルボン=パルマ家の公子。パルマ公カルロ3世とその妻でフランス王シャルル10世の孫娘であるルイーズ・ダルトワの間の次男。最後のパルマ公ロベルト1世の弟。バルディ伯Conte di Bardi)の儀礼称号で呼ばれた。

1873年11月25日にフランスカンヌにおいて、両シチリア王フェルディナンド2世の娘マリーア・ルイーザ(兄ロベルトの最初の妻マリーア・ピアの妹)と結婚したが、マリーア・ルイーザは結婚後わずか3ヵ月で急死した。エンリコは1876年10月15日にオーストリアザルツブルクにおいて、ポルトガルの廃王ミゲル1世の娘アルデグンデス(兄ロベルトの2番目の妻マリーア・アントーニアの姉)と再婚した。どちらの妻との間にも子供はなかった。

エンリコはヴェネツィアカナル・グランデに面したカ・ヴェンドラミン・カレルジ宮殿の所有者であり、1882年には作曲家のリヒャルト・ワーグナーとその家族を招待し、宮殿に住まわせている。ワーグナーは翌1883年にこの宮殿で息を引き取った。