ロベール1世 (西フランク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロベール1世
Robert I
西フランク王
Robert I de France.jpg
在位 922年 - 923年
戴冠 922年6月29日ランス
出生 865年頃
死去 923年6月15日
ソワソン
配偶者 アデール・ドゥ・メーヌ
  ベアトリス・ド・ヴェルマンドワ
子女 アデール
エマ
ユーグ
王家 ロベール家
父親 アンジュー伯ロベール
母親 アデライード・ド・トゥール
宗教 カトリック教会
テンプレートを表示

ロベール1世フランス語Robert Ier)またはロベルト1世ドイツ語Robert I.)(865年頃 - 923年6月15日)は、西フランク王国国王(在位:922年 - 923年)。アンジュー伯ロベール(ロベール・ル・フォール)の息子で、888年に西フランク王となったウードの弟[1]

生涯[編集]

ロベールはウードによってパリなどのいくつかの領地の統治や修道院の管理を任された。しかしウードが898年に死去しても王位は請求せず、カロリング朝シャルル3世(単純王)の即位を承認した。その後も、ノルマン人の侵入からフランク王国北部を守った。

922年頃まで国王シャルル3世と有力家臣ロベールの間に深刻な対立はなかった。しかしシャルル3世がアガノン(en)を重用するようになると、ロベールは他の貴族達の支援も受けて兵を起こした。シャルル3世はロレーヌへ退却し、ロベールは922年6月29日ランスで西フランク王として戴冠した[2]。一方シャルル3世も簒奪者を討つべく兵を集め、両者は923年6月15日ソワソンの近くで会戦した。ロベール1世はシャルル3世を破り捕えたが、ロベール自身は戦死した[3]。伝承によれば、シャルル3世と一騎討ちをして敗れたのだという。

ロベール1世の一人息子ユーグは、カペー朝フランス王のユーグ・カペーの父である。

子女[編集]

最初の妻は、アデール・ドゥ・メーヌ[4]で、娘をもうけた。

890年頃、ヴェルマンドワ伯エルベール1世の娘ベアトリスと結婚した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Schwennicke, Band II, Tafel 10
  2. ^ The Annals of Flodoard of Reims, 916–966, pp. 6 - 7
  3. ^ The Annals of Flodoard of Reims, 916–966, pp. 7 - 8
  4. ^ The Annals of Flodoard of Reims, 916–966, p. 92
  5. ^ a b Schwennicke, Band III Teilband 1, Tafel 49
  6. ^ The Annals of Flodoard of Reims, 916–966, p. 21 n. 77, 92

参考文献[編集]

  • The Annals of Flodoard of Reims, 916–966, eds & trans. Steven Fanning: Bernard S. Bachrach (New York; Ontario, Can: University of Toronto Press, 2011)
  • Detlev Schwennicke, Europäische Stammtafeln: Stammtafeln zur Geschichte der Europäischen Staaten, Neue Folge, Band II (Marburg, Germany: Verlag von J. A. Stargardt, 1984)
  • Detlev Schwennicke, Europäische Stammtafeln: Stammtafeln zur Geschichte der Europäischen Staaten, Neue Folge, Band III Teilband 1 (Marburg, Germany: J. A. Stargardt, 1984)

関連項目[編集]


先代:
シャルル3世(単純王)
西フランク
922年 - 923年
次代:
ラウール