ユーグ大公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユーグ大公
Hugues le Grand
パリ伯 / フランス
出生 898年
パリ
死去 956年6月16日
ドゥルダン
埋葬  
サン=ドニ修道院
配偶者 ユーディト・ド・メーヌ
  エドヒルド・オブ・イングランド
  ヘートヴィヒ・フォン・ザクセン
子女 ユーグ・カペー
ベアトリス
エンマ
オトン
ウード・アンリ
父親 西フランク王ロベール1世
母親 ギーゼラ
役職 ベアトリス・ド・ヴェルマンドワ
テンプレートを表示

ユーグ大公(ユーグたいこう、フランス語:Hugues le Grand、898年頃 - 956年6月16日)は、カロリング朝末期に勢力を得たロベール家の人物。父は西フランク王ロベール1世。伯父がその先々代の王のウード。大公はパリ伯ネウストリア辺境侯(在位:923年 - 956年)、フランス公(在位:936年 - 956年)、オセール伯(在位:952年 - 956年)、各地の修道院長などの地位を占めてカロリング家の王を操り、長男ユーグ・カペーカペー朝への道を開いた。

生涯[編集]

父ロベール1世と母ヴェルマンドワ伯エルベール1世の娘ベアトリス(Béatrice de Vermandois)との間にパリで生まれた[1]

ロベール1世が923年、諸侯に廃位されたシャルル3世を討って没した戦いでは、奮闘して勝利を得た。

936年義兄でボゾン家ラウール王が没し、大公はロワール川セーヌ川とに挟まれる地域の殆どの領主と修道院長職を占め[2]ネウストリア第一の権力者になった[3]。自ら王位を継ぐことも可能ではあったが、大公はシャルル3世に懲りて嫌がる諸侯を説き、イングランドのウェセックスに亡命していたシャルルの遺児ルイを、新王に迎えた[4][5]。ボゾン家による王位継承を避けたためと、解されている。

しかし、その翌年ザクセンのヘートヴィヒ(ハインリヒ1世リンゲルハイムのマティルデとの娘)と結婚してから、ルイ4世と争い始め[6]、大公はルイと対立する神聖ローマ皇帝オットー大帝に臣従の礼をとって、対抗した[7]

ルイ4世が945年にランスでノルマン人と戦って捕らわれたとき、ユーグはルイをブロワ伯ティボー(Thibaud de Blois)に預けてから、オットー大帝の許可を得て釈放し、交換にピカルディランを得た[8]。ルイ4世との悶着は953年までくすぶった。

954年にルイ4世が死ぬと、大公はルイの息子のロテールを王位に推し、代償にブルゴーニュアキテーヌとを得た[9]

以降、若いロテールを後見して、956年6月の16日か17日にエソンヌのドゥールダン(Dourdan)で没した[1]

長男のユーグ・カペーがフランスの王位に就きカペー朝を開いたのは、987年である。

家族[編集]

922年、最初に、ユーグはメーヌ伯ロジェの娘ユーディトと結婚、ユーディトは子女なく925年に没した[1]

926年、二度目に、イングランド王エドワード長兄王の娘エドヒルドと結婚、エドヒルドは子女なく938年に没した[1]

937年、三度目に、ローマ王ハインリヒ1世の娘ハトヴィヒ(ヘートヴィヒ)と結婚した。3男2女がいる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e D. Schwennicke, Tafeln 10-11
  2. ^ シャルル3世が911年、侵攻のノルマン人との和睦に与えたノルマンディーは含まない。(E. Hallam, p. 89)
  3. ^ O. Guillot, p. 170
  4. ^ ルイは大公の2番目の妻ハトヴィヒ(エドヒルド)の甥に当たった。
  5. ^ 樺山ほか、p. 176
  6. ^ P. Riché, p.262
  7. ^ The Annals of Flodoard of Reims; 919-966, p. 32
  8. ^ J. Bradbury, p. 40
  9. ^ a b c J. Bradbury, p. 42
  10. ^ a b D. Schwennicke, Tafel 11

出典[編集]

  • 樺山紘一ほか 『世界歴史大系 フランス史1』、山川出版社、1995
  • Detlev Schwennicke, Europäische Stammtafeln: Stammtafeln zur Geschichte der Europäischen Staaten, Neue Folge, Band II, Verlag von J. A. Stargardt, Marburg, Germany, 1984
  • Elizabeth M. Hallam, Capetian France; 987-1328, Longman Group Ltd., London & New York, 1980
  • Pierre Riché, The Carolingians; A Family who Forged Europe, Trans. Michael Idomir Allen, University of Pennsylvania Press, Philadelphia, 1993
  • The Annals of Flodoard of Reims; 919-966, Ed. & Trans. Steven Fanning & Bernard S. Bachrach, University of Toronto Press, 2011
  • Jim Bradbury, The Capetians: Kings of France, 987-1328, Hambledon Continuum, London & New York, 2007
  • Olivier Guillot, Albert Rigaudière, Yves Sassier, Pouvoirs et institutions dans la France médiévale, tome I : Des origines à l'époque féodale, Armand Colin, 2003

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ユーグ黒公
オセール伯
952年 - 956年
次代:
オトン