アンリ1世 (ブルゴーニュ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブルゴーニュ公アンリ1世(Henri Ier、946年 - 1002年)は、ヌヴェール伯およびブルゴーニュ公(在位:965年 - 1002年)。大公(le Grand)ともいわれる[1]。出生時の名前は「ウード」であり、ブルゴーニュ公に選ばれて以降「アンリ」の名を用いたことから、ウード=アンリ(Eudes-Henri)の名でも知られる。

アンリはパリ伯ユーグ大公と東フランク王ハインリヒ1世の娘ヘートヴィヒとの間の末息子として生まれ、フランス王ユーグ・カペーの弟にあたる[2]。ウードの名で幼少時に教会に入り、ブルゴーニュ公であった兄オトンが965年2月22日に死去した時には聖職者となっていた[3]。ウードはブルゴーニュの伯から兄オトンの後継者として選ばれ、「アンリ」の名が与えられた。しかし、アンリ自身が領したのは3つの伯領に過ぎず、921年に死去したブルゴーニュ公リシャールの領地を中心とした残りの6つの伯領は、アンリの家臣が領有していた[4]

972年、アンリはイタリア王アダルベルト2世の寡婦ジュルベルジュ・ド・マコンと結婚した[2]。ジュルベルジュには前夫アダルベルト2世の間にオット=ギヨームという息子がいた。アンリは2番目にガスコーニュ公ギヨーム2世の娘ガルサンドと結婚、さらに3度目にシャロン伯ランベールの娘マティルド(マオー)と結婚した[5]。しかし、アンリはいずれの妃との間にも男子は得られず[2]、義子オット=ギヨームが後継者となった[6]。このため、オット=ギヨームの支持者とフランス王ロベール2世の支持者の間で継承争いが起こり、最終的にロベール2世側が勝利した[7]

子女[編集]

3番目の妃シャロン伯ランベールの娘マティルド(マオー)・ド・シャロンとの間に一女がいる[2]

  • アレンブルジュ(999年 - ?) - ダルマス1世・ド・スミュール(Dalmace I de Semur)と結婚[2]

マティルドはアンリ1世の死後、ジョフロワ1世・ド・スミュール=アン=ブリオネと再婚した。アレンブルジュの結婚相手ダルマス1世・ド・スミュールはジョフロワ1世と最初の妻との間の息子である[5]

脚注[編集]

  1. ^ ラテン語の「マグヌス」であり、「年長」の意。ブルゴーニュ公アンリ2世(後のフランス王アンリ1世)と区別するためにこのように呼ばれた。
  2. ^ a b c d e Schwennicke, Band II, Tafel 10
  3. ^ Bradbury, p. 42
  4. ^ Bradbury, p. 62
  5. ^ a b Schwennicke, Band III.3, Tafel 433-435
  6. ^ Schwennicke, Band II, Tafel 59
  7. ^ Bouchard, p. 33

参考文献[編集]

  • Detlev Schwennicke, Europäische Stammtafeln: Stammtafeln zur Geschichte der Europäischen Staaten, Neue Folge, Band II (Marburg, Germany: Verlag von J. A. Stargardt, 1984)
  • Jim Bradbury, The Capetians: Kings of France, 987-1328 (London, New York: Hambledon Continuum, 2007)
  • Constance Brittain Bouchard, Sword, Miter, and Cloister: Nobility and the Church in Burgundy, 980-1198 (New York: Cornell University Press, 1987)
  • Detlev Schwennicke, European Stammtafeln, Neue Folge, Band III.3 (1985)
先代:
オトン
ブルゴーニュ公
965年 - 1002年
次代:
オット=ギヨーム
先代:
オトン
オセール伯
965年 - 1002年
次代:
エリベール