ルイ2世 (西フランク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルイ2世

ルイ2世フランス語Louis II, 846年11月1日 - 879年4月10日)は、カロリング朝西フランク国王(在位:877年 - 879年)。吃音王(le Bègue)と呼ばれる。

生涯[ソースを編集]

シャルル2世とオルレアン伯ウードの娘エルマントルドの息子。877年10月、父王の死をうけて王位につき、同年12月8日にランス大司教ヒンクマールにより戴冠された。翌878年末、教皇ヨハネス8世は教会会議の招集を求め、ローマからフランスに向かった。教皇はそこでルイ2世に皇帝位を与えるつもりであったという[1]。しかし、教皇がプロヴァンスについた時、すでにルイ2世は重病であった。結局、皇帝位につくことなく、父の没後わずか2年足らずでコンピエーニュで死去した。遺体はコンピエーニュのサン=コルネイユ修道院(Abbaye Saint-Corneille)に埋葬された。彼の死後、王国はルイ3世とカルロマンの間で相続争いが起こったが、結局、2人の息子がともに王位につき、分割統治することになった[2]。しかし、皇帝位は881年に東フランク王カール3世が獲得した。また、ルイ2世の死後、プロヴァンスではボソ(父の二度目の妃の兄)が独立を宣言し、プロヴァンス王となった[1]

子女[ソースを編集]

最初の妻アンスガルド(ブルグント伯アルドゥアンの娘)との間にともに西フランク王となる2男をもうけた。アンスガルドとは後に婚姻を解消した。

  • ルイ3世(863年 - 882年) - 西フランク王(879年 - 882年)
  • カルロマン(867年 - 884年) - 西フランク王(879年 - 884年)

2番目の妻アデライード(パリ伯アダラールの娘、ジラール家)との間に以下の子女をもうけた。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b 瀬原、p.54
  2. ^ 瀬原、p.54-55

参考文献[ソースを編集]

先代:
シャルル2世(禿頭王)
西フランク国王
877年 - 879年
次代:
ルイ3世カルロマン