ヨハネス8世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハネス8世
第107代 ローマ教皇
Pope John VIII.jpg
教皇就任 872年12月14日
教皇離任 882年12月16日
先代 ハドリアヌス2世
次代 マリヌス1世
個人情報
出生 不明
ローマ
死去 882年12月16日
その他のヨハネス

ヨハネス8世Ioannes VIII、生年不詳 - 882年12月16日)は、ローマ教皇(在位:872年 - 882年)。教会慣用名はヨハネ[1]

人物略歴[編集]

西暦820年ころ、ローマに生まれる。教皇登位は872年12月14日であった[1]。ローマ市民だけの協力によってサラセン人(イスラーム教徒)の攻撃からローマを守った。9世紀における最も有能な教皇のうちのひとり[2]と考えられており、また、こののちレオ9世が登場するまでの約200年において教皇権が最後の輝きをみせた時期のローマ教皇であった。

ヨハネス8世は、王権に対する教皇権の優位を保持しようとして、875年、西フランク王国カール2世に対して、また881年にはフランク王カール3世に対して、それぞれローマ皇帝の戴冠をおこなった。しかし、その目的は充分には達せられなかった[3]

教皇ヨハネス8世は882年12月16日に没した。暗殺されたとも言われる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 小林(1966)巻末「歴代法王表」p.6
  2. ^ カトリック百科事典「ヨハネス8世」 - Catholic Encyclopedia,page "Pope John VIII"(英語)
  3. ^ 『岩波西洋人名辞典』(1981)

参考文献[編集]

  • 小林珍雄『法王庁』岩波書店<岩波新書>、1966年8月。
  • 『岩波西洋人名辞典 増補版』岩波書店、1981年12月。

外部リンク[編集]