ウァレンティヌス (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウァレンティヌス

ウァレンティヌスラテン語:Valentinus、800年頃 - 827年10月10日)は、第100代ローマ教皇(在位827年8月31日 - 10月10日)。

ローマ貴族の家庭に育つ。若い頃に聖職者となり、第98代教皇パスカリス1世により枢機卿とされる。 827年、第99代教皇エウゲニウス2世が亡くなると、ローマの聖職者、貴族たちによって、若くして教皇に指名される。

信仰篤く、柔和、寛大な人柄であると言われたが、わずか在位40日ほどで没する。