ロマヌス (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロマヌス
第114代 ローマ教皇
Pope Romanus Illustration.jpg
教皇就任 897年8月
教皇離任 897年11月
先代 ステファヌス7世
次代 テオドルス2世
個人情報
出生 未詳
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ガッレーゼ
死去 897年11月
原国籍 イタリア
テンプレートを表示

ロマヌスRomanus、? - 897年11月)は、第114代ローマ教皇(在位:897年8月 - 897年11月)。

生涯[編集]

出身はトスカーナ地方のガッレーゼで、司祭枢機卿を歴任した。897年8月に先代のステファヌス7世が民衆に廃位・暗殺されたため、新教皇に選出されるが、在位わずか4ヶ月にして死去した。

参考文献[編集]