エレウテルス (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エレウテルス
第13代 ローマ教皇
Eleutherius.jpg
教皇就任 175年
教皇離任 189年
先代 ソテル
次代 ウィクトル1世
個人情報
出生 不明
Flag of the Roman Empire.svgローマ帝国、属州アカエアニコポリス
死去 189年
Flag of the Roman Empire.svgローマ帝国ローマ
テンプレートを表示

エレウテルス(Eleuterus, ? - 189年)は、ローマ教皇(在位:175年 - 189年)。

伝承ではニコポリスの出身で、キリスト教に改宗したブリトン人の王ルシウスと手紙のやりとりをしていたというが、史実の裏づけはない。カトリック教会聖人であり、伝統的に殉教者であったとされてきた。記念日は5月26日