アデオダトゥス1世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アデオダトゥス1世
第68代 ローマ教皇
アデオダトゥス1世
教皇就任 615年11月13日
教皇離任 618年11月8日
先代 ボニファティウス4世
次代 ボニファティウス5世
個人情報
本名 ステフェンの子、デウスデディト
出生 不明
東ローマ帝国ローマ
死去 618年11月8日
東ローマ帝国ローマ
その他のアデオダトゥス

アデオダトゥス1世(Adeodatus I)またはデオダトゥス1世(Deodatus I, ? - 618年11月8日)は、第68代ローマ教皇(在位:615年11月13日 - 618年11月8日)。カトリック教会及び正教会聖人とされる。その名はラテン語のデウスデディト(Deusdedit:神から与えられた)に由来するものである。