ウィタリアヌス (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィタリアヌス
第76代 ローマ教皇
Pope Vitalian.jpg
教皇就任 657年7月30日
教皇離任 672年1月27日
先代 エウゲニウス1世
次代 アデオダトゥス2世
個人情報
出生 不明
死去 672年1月27日

ウィタリアヌス(Vitalianus、生年不詳 - 672年1月27日)は、第76代ローマ教皇(在位:657年7月30日 - 672年1月27日)。

典礼規定に準拠するオルガンの使用を定めた最初の教皇として知られる。オルガンは宗教儀式の中で使われた。その使用目的は会衆の聖歌の歌唱を指導するためだったと言われる。

663年6月、ランゴバルド討伐のため南イタリアに遠征した東ローマ帝国皇帝コンスタンス2世ローマで会見する。668年3月26日、タルソスのテオドルスに第7代カンタベリー大司教として叙階を授けた。