ピウス12世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尊者 ピウス12世
第260代 ローマ教皇
Papa Pio XII
教皇就任 1939年3月2日
教皇離任 1958年10月9日
先代 ピウス11世
次代 ヨハネ23世
個人情報
本名 エウジェニオ・マリア・ジュゼッペ・ジョバンニ・パチェッリ
Eugenio Maria Giuseppe Giovanni Pacelli
出生 (1876-03-02) 1876年3月2日
イタリア王国の旗 イタリア王国ローマ
死去 (1958-10-09) 1958年10月9日(満82歳没)
イタリアの旗 イタリアカステル・ガンドルフォ
署名 尊者 ピウス12世の署名
その他のピウス
フランツ・フォン・パーペン(左から二人目)と教皇ピウス12世(右から三人目)

ピウス12世Pius PP. XII1876年3月2日 - 1958年10月9日)はローマ教皇(在位:1939年3月2日 - 1958年10月9日)、第260代ローマ教皇。本名はエウジェニオ・マリア・ジュゼッペ・ジョヴァンニ・パチェッリEugenio Maria Giuseppe Giovanni Pacelli)。未曾有の世界大戦前後という困難な時代に生き、さまざまな批判にさらされた。ピオ12世とも表記される。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

ローマで「黒い貴族」の家系に生まれる。パチェッリ家は代々教皇領政府で要職を占めた名門であり、祖父マルカントニオは副内務大臣を務め、バチカンの日刊紙「オッセルヴァトーレ・ロマーノ」の創刊に関った。父も教皇庁顧問弁護士であった上に、伯父はレオ12世の財政顧問だった。

教皇庁の外交官[編集]

パチェッリは1899年4月に司祭叙階され、ピエトロ・ガスパッリ枢機卿のもとで働いた後、ヴァイマル共和政下のバイエルン州や中央政府に対する教皇使節を務めた。1917年ピウス11世によって枢機卿にあげられると、すぐ枢機卿国務長官英語版の地位に就いた。外交分野で活躍し、プロイセンオーストリアドイツ諸邦との政教条約締結に大きな貢献をし、ヨーロッパやアメリカを頻繁に訪問した。また第一次世界大戦の終戦時には、ベネディクトゥス15世の意を受けて平和工作を行っている[1]

その中で、1933年7月20日にパチェッリの主導で教皇庁がアドルフ・ヒトラー率いるナチス党政権下のドイツと結んだライヒスコンコルダートは、ナチス党政権下のドイツにお墨付きを与えたものとして後に大きな批判を招くことになる。ただし条約の下交渉自体は大半が共和制時代に行われており[2]、この条約は現在でも有効とされている。

しかし、1920年から1930年代にかけて教皇庁が多くの国々と政教条約を結んだのは、19世紀以降、断絶していた国家と教会の関係の正常化を図り、各国のカトリック信徒を保護し、カトリック学校や施設を政府の迫害から守るためだったとされる。しかしナチスは政教条約を無視してカトリックへの圧迫を続け、ピウス11世が回勅ミット・ブレネンダー・ゾルゲ」においてナチス体制を批判することとなった。パチェッリはミヒャエル・フォン・ファウルハーバードイツ語版枢機卿に草案作成を依頼し[3]、その後修正を行っている[4]

第二次世界大戦期の教皇[編集]

欧州大戦の危機迫る1939年3月2日、パチェッリは教皇に選出され、「ピウス12世」を名乗った。戦争が始まると、第一次世界大戦時のベネディクトゥス15世のやり方に倣って、バチカンは「不偏」を主張した。しかし、バチカンがナチス・ドイツユダヤ人迫害に対してはっきりと非難しなかったことは、戦後激しく批判されることになる。 一方でナチス政権下で行われた障害者安楽死政策「T4作戦」には「自然道徳律に反し、また、神の掟にも反するからである」[5]とたびたび非難を行っている[6]

ユダヤ人への対応[編集]

バチカンの戦争中のユダヤ人への対応については賛否両論がある。

賛同者はピウス12世は積極的にユダヤ人を保護していたという。実際、イタリア敗戦に伴ってドイツ軍がローマを占領すると、多くのユダヤ人がバチカンで匿われ、バチカンの市民権を得ることができ、これによって戦後、イスラエル政府は「諸国民の中の正義の人」賞をピウス12世に贈っている。

一方、批判者によれば、たび重なる要請があったにもかかわらず一貫して沈黙を通した。ユダヤ人の抹殺を看過するかわりに、バチカンがはっきりとユダヤ人迫害を非難すれば、ドイツ軍も決して思い通りにはできなかったとされる。批判的な立場からナチス党政権下のドイツと教皇庁の関係を描いた作品として、ロルフ・ホーホフートの戯曲『神の代理人』があり、コスタ・ガブラス監督によって『アーメン』というタイトルで映画化されている。著作家・大澤武男も同じく批判的な立場にたった著作『ローマ教皇とナチス』を著し、そこでピウス12世がナチス党政権下のドイツのユダヤ人迫害をはっきりと批判しなかった理由として、

  • 教皇自身がドイツ赴任中にドイツ人への好感を培っていた
  • キリスト教会の伝統的な反ユダヤ感情
  • 宗教を否定する共産主義に対する防壁としてのナチス党政権下のドイツへの期待
  • ナチス党政権下のドイツの暴力が無防備なカトリック教会に向けられることへの恐怖

を挙げている。しかし大澤武男も認めているように『ローマ教皇とナチス』はアメリカのジャーナリスト、ジョン・コーンウェルの著作『ヒトラーの教皇(Hitler's Pope)』を主要資料として用いており、その資料だけでピウス12世を批判することには異論もある。

聖母の被昇天[編集]

ピウス12世は1950年大聖年にあたり、聖母マリアがその人生の終わりに、肉体と霊魂を伴って天国に挙げられたという「聖母の被昇天」を正式に教義として宣言。これにより、20世紀に入ってから不可謬権を行使した唯一の教皇となった。

死去[編集]

晩年は健康状態が悪化し、1958年10月6日に脳の発作で倒れ、10月8日にも再び発作が起こり、危篤となった。そして10月9日午前3時52分(日本時間11時52分)にこの世を去った。

列聖調査[編集]

ヨハネ・パウロ2世の時代に入ると列聖調査が進められ、聖人へのステップである尊者2009年12月内定したが批判もある。

参考文献[編集]

  • 大澤武男『ローマ教皇とナチス』(文春新書2004年ISBN 4-16-660364-7
  • Ciampa, Leonardo. (2007). Pope Pius XII: A Dialogue. AuthorHouse. ISBN 1-4259-7766-9
  • 塩崎弘明 「1933年7月20日のライヒス・コンコルダート」、『上智史学』第11巻、上智大学1966年、 89-101頁、 NAID 40001810045
  • 河島幸夫「ドイツ政治史とキリスト教―西南での研究と教育の40年―」、『西南学院大学法学論集』44巻(号)3・4、西南学院大学学術研究所、2012年3月、 67-80頁、 NAID 120005495957
  • 泉彪之助「精神疾患患者・遺伝性疾患患者に対するナチスの「安楽死」作戦とミュンスター司教フォン・ガーレン」、『日本医史学雑誌』49(2)、日本医史学会、2003年6月20日、 277-319頁、 NAID 110000494925

出典[編集]

  1. ^ 塩崎弘明 1968, pp. 90.
  2. ^ 塩崎弘明 1968, pp. 99.
  3. ^ 河島幸夫 2012-03, p. 75-76.
  4. ^ 泉彪之助 2003, p. 302.
  5. ^ 泉彪之助 2003, p. 283.
  6. ^ 宮野彬「ナチスドイツの安楽死思想 : ヒトラーの安楽死計画」、『法学論集』第4巻、鹿児島大学、1968年、 119-151頁、 NAID 40003476739
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]