グレゴリウス8世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グレゴリウス8世
第173代 ローマ教皇
B Gregor VIII.jpg
教皇就任 1187年10月21日
教皇離任 1187年12月17日
先代 ウルバヌス3世
次代 クレメンス3世
個人情報
本名 アルベルト・ディ・モッラ
出生 1100年頃
イタリアの旗 イタリア ベネヴェント
死去 1187年12月17日
イタリアの旗 イタリア ピサ
その他のグレゴリウス

グレゴリウス8世(Gregory VIII、1100年頃 - 1187年12月17日)は、第3回十字軍を呼びかけたローマ教皇(在位:1187年10月21日 - 12月17日)。

世俗名アルベルト(Alberto di Morra)として、イタリアベネヴェントに1100年頃生まれ、1172年に教皇使節としてヘンリー2世トマス・ベケット殺害の罪を赦免するアヴランシュの公会議に出席する。

1187年10月21日ウルバヌス3世の後を継いでローマ教皇に選ばれた。即位直後に、エルサレムにおける「ハッティンの戦い」の敗戦を聞き、第3回十字軍を呼びかけたが、ほどなく同年の12月に亡くなった。ほとんど、十字軍を派遣するためだけに教皇になったようなものだった。