レオ11世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レオ11世
第232代 ローマ教皇
レオ11世
教皇就任 1605年4月1日
教皇離任 1605年4月27日
先代 クレメンス8世
次代 パウルス5世
個人情報
本名 アレッサンドロ・オッタビアーノ・デ・メディチ
Alessandro Ottaviano de' Medici
出生 1535年6月2日
Medici Flag of Tuscany.png フィレンツェ公国フィレンツェ
死去 (1605-04-27) 1605年4月27日(69歳没)
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
その他のレオ
テンプレートを表示

レオ11世(Leo XI 1535年6月2日 - 1605年4月27日)は17世紀初めのローマ教皇(在位:1605年)。本名はアレッサンドロ・オッタビアーノ・デ・メディチAlessandro Ottaviano de' Medici)。

トスカーナ大公国メディチ家とは遠縁に当たり、マリア・デ・メディチを妻としていたフランスアンリ4世の後援を受けて1605年4月1日に教皇位についたが、選出の僅か26日後に世を去った。

彼が教皇の座に就けたのは、トスカーナ大公国大公フェルディナンド・デ・メディチの影響力が大きい。この元枢機卿はレオ11世の死後も力を遺憾なく発揮し、次の教皇にはパウルス5世スペイン派)を選出させている。