ウルバヌス7世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウルバヌス7世
第228代 ローマ教皇
ウルバヌス7世
教皇就任 1590年9月15日
教皇離任 1590年9月27日
先代 シクストゥス5世
次代 グレゴリウス14世
個人情報
本名 ジョヴァンニ・バッティスタ・カスターニャ
Giovanni Battista Castagna
出生 1521年8月4日
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
死去 (1590-09-27) 1590年9月27日(69歳没)
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
その他のウルバヌス
テンプレートを表示

ウルバヌス7世(Urbanus VII, 1521年8月4日 - 1590年9月27日[1])は、ローマ教皇(在位:1590年9月15日 - 9月27日)。わずか13日の在位期間は、歴代教皇の中で最短である。本名はジョヴァンニ・バッティスタ・カスターニャGiovanni Battista Castagna)。

ジェノヴァ出身の一族の出だったが、本人はローマ生まれである。ボローニャの使節や ロッサーノ司教を経て、スペインでの教皇使節を長く務めた。シクストゥス5世の後継者として、スペイン系枢機卿たちの後押しで1590年9月15日に教皇に選出された。しかし、選出されて間もなくしてマラリアに罹患し、高齢であったことも災いして2週間もたたず病没した。教皇着座式も行われておらず、在位の最短記録となった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]