ベネディクトゥス6世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベネディクトゥス6世
第134代ローマ教皇
Pope Benedict VI Illustration.jpg
教皇就任 973年1月19日
教皇離任 974年6月
先代 ヨハネス13世
次代 ベネディクトゥス7世
個人情報
出生 不明
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
死去 974年7月/8月
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマサンタンジェロ城
原国籍 イタリアの旗 イタリア
その他のベネディクトゥス

ベネディクトゥス6世Benedictus VI, ? - 974年7月/8月)は、ローマ教皇(在位:973年 - 974年)。

ヒルデブランド(Hildebrand)の子としてローマに生まれる。神聖ローマ皇帝オットー1世によって973年1月19日に教皇座に就任する。ベネディクトゥス6世は在任中に多くの修道院や教会に特権を付与した。オットー1世の死後、ローマ市民によってサンタンジェロ城に幽閉される。およそ2か月後の974年の7月か8月に、悪名高いテオドラの子であるローマ貴族クレッシェンティウス1世 (enの命令によって、ベネディクトゥス6世は絞殺された。オットー2世の使者シッコ(Sicco)によってサンタンジェロ城から逃走されることを避けるためであった。