ルキウス2世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルキウス2世
第166代 ローマ教皇
B Lucius II.jpg
教皇就任 1144年3月12日
教皇離任 1145年2月15日
先代 ケレスティヌス2世
次代 エウゲニウス3世
個人情報
本名 ゲラルド・カッチャネミチ(ゲラルド・カッシアニミチとも)
死去 1145年2月15日
テンプレートを表示

ルキウス2世(Lucius II, ? - 1145年2月15日)は、第166代ローマ教皇(在位:1144年3月12日 - 1145年2月15日)。

生涯[編集]

イタリアのボローニャ出身。最初はルッカで教会法学者として活躍した。1124年に教皇ホノリウス2世により司祭枢機卿に叙任され、1125年から1126年までドイツの教皇使節を務めた後は教皇庁に勤務、インノケンティウス2世のもとで侍従司書に叙任された。1144年3月に先代のケレスティヌス2世が死去したため、跡を継いだ[1][2][3]

ところが、ローマで勢力を拡大していた政治集団・コミューン(代弁者は対立教皇アナクレトゥス2世の兄弟ジョルダーノ・ピエルレオーニ)と対立し、ドイツ王コンラート3世オートヴィル朝シチリアルッジェーロ2世に支援を要請するも失敗。結局、自らの軍隊でコミューンの拠点だったカピトリウム襲撃を指揮したが、敵の投石で重傷を負って間もなく死去した[1][2][3][4]

自ら軍を指揮したことから「軍人教皇」といわれている[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b キリスト教人名辞典、P1827。
  2. ^ a b 新カトリック大事典編纂委員会、P1325。
  3. ^ a b c バンソン、P99。
  4. ^ スチュアート、P22 - P123。

参考文献[編集]