ウィクトル2世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウィクトル2世
第153代 ローマ教皇
Pope Victor II.jpg
教皇就任 1055年4月13日
教皇離任 1057年7月28日
先代 レオ9世
次代 ステファヌス10世
個人情報
本名 ゲプハルト・フォン・カルフ=トレンシュタイン・ヒルシュブルク
出生 1018年
カルフ
死去 1057年7月28日
アレッツォ
埋葬地 ラヴェンナ
その他のウィクトル


ウィクトル2世Victor II, 1018年1057年7月28日)は、ローマ教皇(在位:1055年 - 1057年)。[1] ドイツ人で、後のグレゴリウス改革の基礎を築いた一人。


生涯[編集]

生い立ちから教皇選出まで[編集]

神聖ローマ帝国下のシュヴァーベン地方(現在のドイツ南西部)のカルフ出身。父はハインリヒ3世の親族であるシュヴァーベンカルフハルトヴィヒ。前名はゲプハルト・フォン・カルフ。24歳でアイヒシュタット司教に任命され皇帝ハインリヒ3世を補佐し、重臣の一人となった。

ローマ教皇レオ9世1053年ノルマン人との戦争で囚われ翌年に獄死すると、ローマ教皇庁の使者イルデブラント(後のグレゴリウス7世)がマインツを訪れ、ハインリヒ3世に教皇後継の推挙を求めた。皇帝から推薦を受けたゲプハルトは、1054年9月に正式に指名されウィクトル2世を名乗り、ローマに移って1055年4月13日に戴冠した。

教皇権強化と神聖ローマ皇帝の後見[編集]

登位後は宗教界の引き締めと教皇権威の上昇に取り組み、1055年にエルメサンド・ド・カルカソンヌErmessende de Carcassonne、バルセロナ伯ラモン・ボレイ妃)の要請によりバルセロナ伯ラモン・バランゲー1世アルモディス・ド・ラ・マルシュを不貞の罪で破門した(1056年まで)。[2][3]

1055年6月、フィレンツェでハインリヒ3世と会談し、レオ9世による聖職者の結婚、聖職売買、教会財産の流失への弾劾を継承し強化することを決めた。翌年、危篤のハインリヒ3世の元へ召喚され、ハルツのBodfeldでの彼の死去を見届けた。この後、幼いハインリヒ4世の後見人、またその母で摂政アグネス・フォン・ポワトゥーの補佐役として絶大な権力をふるうようになり、神聖ローマ帝国の平和の維持や教皇権の拡張に努めた。しかしイタリアに帰ってまもなく、1057年7月28日にアレッツォで死去した。

ウィクトル2世の従者は遺骸をアイヒシュタットに埋葬することを望んだが、その途上ラヴェンナで市民に押収され、テオドリック廟東ゴート王テオドリック大王の霊廟)に埋葬された。[4]

ウィクトル2世は歴史上9人のドイツ人教皇の一人であるが、現在のドイツ連邦共和国の領域出身の教皇は彼とクレメンス2世ベネディクト16世の3人のみである。

脚注[編集]

  1. ^ Coulombe, Charles A., Vicars of Christ: A History of the Popes, (Citadel Press, 2003), 208.
  2. ^ Bernard F. Reilly, The Contest of Christian and Muslim Spain, 1031-1157, (Blackwell Publishing, 1995), 67.
  3. ^ Ermessenda of Barcelona.
  4. ^ Mcbrien, Richard P., The Pocket Guide to the Popes, (HarperCollins, 2006), 166.

参考文献[編集]