ヨハネス5世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨハネス5世
第82代 ローマ教皇
Johannes V.jpg
教皇就任 685年7月23日
教皇離任 686年8月2日
先代 ベネディクトゥス2世
次代 コノン
個人情報
出生 635年
Byzantine imperial flag, 14th century, square.svg東ローマ帝国アンティオキア地方
死去 686年8月2日
Byzantine imperial flag, 14th century, square.svg東ローマ帝国ローマ
埋葬地 サン・ピエトロ大聖堂
その他のヨハネス
テンプレートを表示

ヨハネス5世Ioannes V635年 - 686年8月2日)は、ローマ教皇(在位:685年 - 686年)。教会慣用名はヨハネ[1]

人物略歴[編集]

635年、ビザンツ帝国(東ローマ帝国)領シリアアンティオキア地方で生まれる[2]助祭長の経験を有する。680年の総教会会議に教皇アガトが派遣した使節団のなかのひとりであった[2]。教皇登位は685年7月23日であり[1]、ビザンツ帝国では新帝ユスティニアノス2世が即位したばかりであった[2]。統治のほとんどを病床で過ごし、在位期間はわずか1年10日であった[2]。686年8月2日に死去した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 小林珍雄『法王庁』岩波書店岩波新書〉、1966年8月。
  • P.G.マックスウェル・スチュアート『ローマ教皇歴代誌』高橋正男(監修)、月森左知・菅沼裕乃(訳)訳、創元社、1999年12月。ISBN 4-422-21513-2

関連項目[編集]