ハドリアヌス5世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハドリアヌス5世
第186代 ローマ教皇
Hadrian V.png
教皇就任 1276年7月11日
教皇離任 1276年8月18日
先代 インノケンティウス5世
次代 ヨハネス21世
個人情報
本名 Ottobono Fieschi
出生 1210年から1220年
ジェノヴァ共和国 ジェノヴァ
死去 1276年8月18日
教皇領 ヴィテルボ
その他のハドリアヌス (曖昧さ回避)

ハドリアヌス5世(Hadrianus V,1210年/1220年 - 1276年8月18日)はローマ教皇(在位:1276年)。本名はオットボノ・フィエスキ(Ottobono Fieschi)。インノケンティウス4世の甥に当たる。

生涯・人物[編集]

叔父によって助祭枢機卿に任命され、1265年クレメンス4世と交代してイングランドの教皇使節に就任、インノケンティウス5世亡き後の教皇に選出された。グレゴリウス10世が定めたコンクラーヴェの制度を一時破棄したが、ヴィテルボに移ってそこで死去。在位は1ヶ月に過ぎなかった。その後、ヨハネス21世が選出された。

ダンテ・アリギエーリの『神曲』では貪欲の為に煉獄で罪を償うハドリアヌス5世が書かれている。