アンテルス (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンテルス
第19代 ローマ教皇
Anterus.jpg
教皇就任 235年11月21日
教皇離任 236年1月3日
先代 ポンティアヌス
次代 ファビアヌス
個人情報
出生 不明
カラブリアペティーリア・ポリカストロ
死去 236年1月3日
ローマ
埋葬地 サンカリストゥス

アンテルスAnterus, ? - 236年1月3日)は、ローマ教皇(在位:235年11月21日 - 236年1月3日)。

前任者のポンティアヌス同様、ローマ皇帝マクシミヌス・トラクスのもとで殉教したといわれているが、証左はない。死後、サンカリストゥスのカタコンベの教皇墓地に葬られ、後になって列聖された。カトリック教会聖人である。この教皇についてはほとんど何も知られていない。