グレゴリウス15世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グレゴリウス15世
第234代 ローマ教皇
グレゴリウス15世
教皇就任 1621年2月9日
教皇離任 1623年7月8日
先代 パウルス5世
次代 ウルバヌス8世
個人情報
出生 1554年1月9日
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ボローニャ
死去 (1623-07-08) 1623年7月8日(69歳没)
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
その他のグレゴリウス
テンプレートを表示

グレゴリウス15世(Gregorius XV, 1554年1月9日 - 1623年7月8日)は、ローマ教皇(在位:1621年 - 1623年)。本名はアレッサンドロ・ルドヴィシオAlessandro Ludovisio)。

ボローニャ出身のグレゴリウス15世は前任者たちと異なり、プロテスタントに対する神聖ローマ皇帝の支援や、オスマン帝国に対するポーランド王の支援などのわずかな例外を除いて、ヨーロッパの政治に対してはほとんど干渉しようとしなかった。彼は学問を好み、教会改革の意欲にあふれた有徳の聖職者であった。在位中の事跡で特に有名なものは、フランシスコ・ザビエルイグナチオ・デ・ロヨラアビラのテレサフィリッポ・ネリといった聖徳の誉れ高い人々を列聖したことであった。1623年7月に亡くなると、ウルバヌス8世がその後を継いだ。

関連項目[編集]