エウセビウス (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エウセビウス (ローマ教皇)

エウセビウス(Eusebius, ? - 310年)は、第31代ローマ教皇(在位:310年)。

在位期間は4月18日から8月17日までと短く、最後は西ローマ帝国皇帝マクセンティウスによって追放された。前任のマルケルス1世と同様に、背教者への厳しい態度から困難な状況に陥った。

エウセビウスは追放先のシチリアで310年に亡くなり、カリクストゥスの墓地に葬られた。その後教皇ダマスス1世が彼の墓に8言の詩をあしらったエピタフを贈った。

記念日は9月26日である。

外部リンク[編集]

 この記事には現在パブリックドメインである次の出版物からのテキストが含まれている: Jackson, Samuel Macauley, ed. (1914). "要記事名". New Schaff-Herzog Encyclopedia of Religious Knowledge (third ed.). London and New York: Funk and Wagnalls.