ウルバヌス1世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウルバヌス1世
第17代 ローマ教皇
Św Urban figura Cieszowa 254.jpg
教皇就任 222年
教皇離任 230年5月25日
先代 カリストゥス1世
次代 ポンティアヌス
個人情報
出生 不明
ローマ
死去 230年5月25日
ローマ
秋のフランケン地方のブドウ畑

ウルバヌス1世(Urbanus I, ? - 230年5月25日)は、ローマ教皇(在位:222年 - 230年5月25日)、キリスト教聖人である。

来歴[編集]

歴史家エウセビオスもウルバヌス1世について記しているが、伝説的なエピソード以外ではあまり知られていない。聖セシリアの夫ウェレリアヌスを改宗に導いたのはウルバヌス1世だといわれている。彼の時代、ヒッポリュトスがローマ司教としての自らの正統性を主張したので、後世にはヒッポリュトスが初の対立教皇と見なされるに至った[要出典]

一方で、ドイツフランケン地方では、ブドウやワインの守護聖人として名高い。これに関しては、反対派に迫害を受け、ブドウの木の陰に隠れるが、が当たって殉教したからとも、また、難を逃れたために、死後、ワインの守護聖人になると誓ったからともいわれる。それとは別に、聖杯聖体皿にを用いることを制定し、その聖杯を侍器としたからという説もある。殉教日は5月25日である。

また、5世紀ごろのラングレーの司教にも、ウルバン(ウルバヌス)という人物がいた。こちらの殉教日は1月23日であるが、やはりブドウ園主から崇拝されており、両者がいつしか混同されて、記念日も5月25日になったと考えられる。

この日、かつては盛大ながおこなわれていた。当時の記録によれば、聖ウルバンに扮した人物が馬に乗って、楽隊や農家の人々と共に、町中を華やかに練り歩き、勧められるワインを飲みほして、しまいには酩酊してしまったといわれる。地域によっては、ワイン売りが聖ウルバンのを持ち歩いたり、司教冠をつけて、馬で行進したりした。夜にはブドウ園主による宴会も行われた。この祭は、殉教記念というよりは、むしろ、この時期に咲くブドウの花によって、その年の豊作を占うための農民の行事であり、教会暦では認められていなかった。次第に、教会の厳格さと相容れない、また騒動を引き起こしかねない乱痴気騒ぎに対し、教会や領主がしばしば禁止令を出すようになる。事実、1549年に、司教エラスム・ド・リンブールや、その2年後の1551年、アノー・リシュタンベールハナウ・リヒテンベルク)伯により禁止されている[1][2][3]

脚注[編集]

  1. ^ 植田重雄 『ヨーロッパの祭りと伝承』 講談社学術文庫、1999年、174-180頁。
  2. ^ 植田重雄 『守護聖者 人になれなかった神々』 中公新書、1991年、172-174頁。
  3. ^ ワイン好きなウルバンスブルーダー (果物狩りじゃー!)

関連項目[編集]