ダマスス2世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダマスス2世
第151代 ローマ教皇
B Damasus II1.jpg
教皇就任 1048年7月17日
教皇離任 1048年8月9日
先代 ベネディクトゥス9世
次代 レオ9世
個人情報
本名 ポッポ
出生 不明
バイエルン
死去 1048年8月9日
パレストリーナ
埋葬地 サン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂
その他のダマスス

ダマスス2世Damasus II、? - 1048年8月9日)はローマ教皇(在位:1048年7月17日 - 1048年8月9日)。

バイエルン出身で、名はポッポPoppoという。教皇となる以前はブレッサノーネ司教であった。神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世によって指名された2人目の教皇であり、またドイツ人教皇としては3人目となる。

1047年クリスマスザクセンの都市ポルテに滞在中のハインリヒ3世のもとにローマ市民から使者が送られ、教皇クレメンス2世の死が伝えられた。そしてローマのパトリキウスたる皇帝によって後継者が任命されることとなった。このとき特使は、イタリア語を流暢に話しローマ市民からの信任も篤いリヨン大司教アリナールHalinardの名を候補として挙げた。しかしハインリヒ3世は1048年1月にポッポを指名。ローマのラテラン宮殿を占拠していた教皇ベネディクトゥス9世を追放したのち、ポッポはローマに入城、1048年7月17日にダマスス2世の名で教皇に就任する。

しかしダマスス2世は就任23日後、避暑に訪れたパレストリーナにて死去した。その遺骸はローマ市内のサン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂に葬られた。ダマスス2世の早い死については、毒殺説やマラリア病死説などが唱えられている。