インノケンティウス10世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インノケンティウス10世
第236代 ローマ教皇
PopeInnocentX.jpg
ディエゴ・ベラスケス作、1650年
教皇就任 1644年9月15日
教皇離任 1655年1月7日
先代 ウルバヌス8世
次代 アレクサンデル7世
個人情報
本名 ジョヴァンニ・バッティスタ・パンフィーリ
Giovanni Battista Pamphili
出生 1574年5月6日
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
死去 (1655-01-07) 1655年1月7日(80歳没)
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
その他のインノケンティウス

インノケンティウス10世(Innocentius X, 1574年5月6日 - 1655年1月7日)は、ローマ教皇(在位:1644年 - 1655年)。本名はジョヴァンニ・バッティスタ・パンフィーリGiovanni Battista Pamphili)。前教皇の方針を確認し、ジャンセニスムを弾劾した。

生涯[編集]

ローマ出身のパンフィーリは、1629年枢機卿に選ばれ、1644年のコンクラーヴェ(教皇選挙)においてフランスの枢機卿団の後押しで教皇位につき、インノケンティウス10世を名乗った。もとは法学者で、教皇庁では主に外交の分野で目覚しい業績を挙げていた。

ウルバヌス8世没後の教皇選挙は混乱を極めた。スペインの枢機卿団とマザラン枢機卿に率いられたフランスの枢機卿団が激しく対立したためであった。長引く選挙に、フランス側が妥協案としてパンフィーリの教皇選出で合意し、パンフィーリがインノケンティウス10世を名乗って新教皇となった。

教皇は手始めに、前教皇の一族バルベリーニ家の弾劾から始めた。フランチェスコ・バルベリーニとアントニオ・バルベリーニの兄弟が教皇庁財産の横領容疑で訴えられた。2人はフランスに逃れ、教皇庁と対立していたマザランの庇護を受けた。ローマにあったバルベリーニ家の財産は没収され、6ヶ月以上教皇の許可なくローマを離れた枢機卿は特権を奪われ、枢機卿位自体も奪われる可能性があるとした勅書が発行されたが、フランスは教皇命令がフランスにおいて無効であることを宣言した。インノケンティウス10世はこのフランスの恫喝にも妥協しなかったが、フランス軍が出動の姿勢を見せると、ついに妥協に追い込まれ、フランスの後援によってバルベリーニ兄弟はローマに戻ることができた。

インノケンティウス10世の統治に大きな影響を与えたのは、義姉オリンピア・マイダルキーニであった。欲深い彼女の存在が有象無象の噂や中傷を生み出した。教皇自身は改革の志を持っていたが、このオリンピアの存在によって教皇の評価には泥が塗られる結果となった。

また、ヴェストファーレン条約によって教会の権利が侵害されたことに抗議のため使節を派遣し、無視されると1648年回勅『ゼロ・ドムス・デイ』で激しく抗議した。また、特筆すべきは前教皇が断罪したコルネリウス・ヤンセンの著作『アウグスティヌス』について、彼自身が任命した委員会に2年にわたって十分の討議と検討をさせた結果、1653年5月31日、5箇条の命題を誤謬としてあらためて弾劾したことである[1]以後ジャンセニスムと教皇庁の長い戦いが続くことになる。[要出典]

また、教皇はパトロンとして建築家ボッロミーニベルニーニを援助し、種々の建築を行わせた。ナヴォーナ広場に有名な四大河の噴水が築かれたのは彼の時代であった。

逸話[編集]

パンフィリがまだ枢機卿だった時、教皇の全権使節の一員としてパリを訪れ、デュ・モンスティエールという画家のアトリエに『トレント宗教会議史』という貴重な書物が置かれてあったのに目を留め、その本を法衣の中へ忍びこませた。モンスティエールはそれをめざとく見つけ口汚く罵って本を取り返し、未来の教皇を足蹴にしてアトリエからたたき出してしまった。インノケンティウス10世のフランス国王や国民に対する悪意はこの出来事に由来するという噂もあった[2]

脚注[編集]

  1. ^ J・ラシーヌ 『ポール=ロワイヤル小史』 審美社、1989年、P.50。
  2. ^ A・ラング 『書斎』 白水社、1996年、P.188。