インノケンティウス4世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
インノケンティウス4世
第180代 ローマ教皇
The Council of Lyons excommunicating Frederic II (cropped).png
教皇就任 1243年6月28日
教皇離任 1254年12月7日
先代 ケレスティヌス4世
次代 アレクサンデル4世
個人情報
本名 Sinibaldo Fieschi
出生 1195年頃
マナローラ
死去 1254年12月7日
ナポリ
その他のインノケンティウス
テンプレートを表示

インノケンティウス4世(Innocentius IV, 1195年頃 - 1254年12月7日)は、第180代ローマ教皇(在位:1243年 - 1254年)。本名はシニバルド・フィエスキ(Sinibaldo Fieschi)。ハドリアヌス5世は甥に当たる。

生涯[編集]

1245年第1リヨン公会議を開催、フランシスコ会の修道士プラノ・カルピニを、東方より来襲したタタール(モンゴル帝国)の偵察と再侵入防止工作の為にタタールの居住地方へと派遣した。一方で神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世破門テューリンゲン方伯ハインリヒ・ラスペホラント伯ウィレム2世対立王に選出した。また、ポルトガルサンシュ2世を廃位に追い込み、弟のアフォンソ3世に王位を譲らせた。

東欧ではヤロスラヴの戦いウクライナ語版ロシア語版ポーランド語版以降、ヨーロッパ防衛の橋頭堡だったハールィチ・ヴォルィーニ大公国モンゴル帝国ジョチ・ウルスの属国になると、第二次ブルガリア帝国を新たなヨーロッパ防衛の橋頭堡とすべく、イヴァン・アセン2世時代に失効したブルガリアとの教会合同をカリマン1世に申し出た。

1246年、ジョチ・ウルスと戦っていたハールィチ・ヴォルィーニ大公ダヌィーロに王位を授けてルーシ王とし、ジョチ・ウルスを牽制したが、同年8月24日クリルタイグユクが第3代ハーンになり、カルピニが謁見の際に教皇の親書を手渡して和睦交渉を行なった。この時に教皇宛に送られたグユク・ハンの勅書が現存しており、グユクは教皇に帰順を求めている。帰国後カルピニは一時、教皇の怒りを買った。