テオドルス2世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テオドルス2世
第115代 ローマ教皇
教皇就任 897年12月
教皇離任 897年12月20日
先代 ロマヌス
次代 ヨハネス9世
個人情報
出生 840年頃?
ローマ
死去 897年12月20日
原国籍 イタリア

テオドルス2世(840年頃? - 897年12月20日)は、第115代ローマ教皇(在位:897年12月)。

生涯[編集]

出身はローマ。897年11月に先代のロマヌスが死去したために教皇に選出されるが、在位わずか20日で死去した。フォルモススの遺体をティベレ川から引き揚げ、ヴァチカンに葬った事で知られる。

参考文献[編集]