グレゴリウス4世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グレゴリウス4世
第101代 ローマ教皇
Gregory-IV Raban-Maur.jpg
教皇就任 827年10月
教皇離任 844年1月25日
先代 ウァレンティヌス
次代 セルギウス2世
個人情報
出生 795年頃
ローマ
死去 844年1月25日
原国籍 イタリア
その他のグレゴリウス

グレゴリウス4世(795年頃? - 844年1月25日)は、第101代ローマ教皇(在位:827年10月 - 844年1月25日)。

生涯[編集]

出身はローマで、家系は貴族である。教皇就任前は司祭枢機卿を歴任した。840年ルートヴィヒ1世が死去すると、フランク王国では継承争いが起こり、グレゴリウス4世は長男のロタール1世を支持した。

しかしフランク王国の司教の大半はロタールの後継に反対し、王室でも継承争いが激化してグレゴリウス4世は王室の調停を務めたものの失敗に終わった。844年1月25日、在位16年と3か月において死去した。

参考文献[編集]