ヨハネス21世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヨハネス21世
第187代 ローマ教皇
ヨハネス21世
教皇就任 1276年9月13日
教皇離任 1277年5月20日
先代 ハドリアヌス5世
次代 ニコラウス3世
個人情報
出生 1215年
PortugueseFlag1185.svg ポルトガル王国 リスボン
死去 1277年5月20日
教皇領 ヴィテルボ
その他のヨハネス

ヨハネス21世Ioannes XXI1215年 - 1277年5月20日)は、ローマ教皇(在位:1276年 - 1277年)。本名をペドロ・ジュリアォン(Pedro Julião)、ラテン語ではペトルス・ヒスパヌス(Petrus Hispanus)といい、現在に至るまで唯一のポルトガル出身の教皇である(ダマスス1世はポルトガル出身とされているがはっきりしない)。在位僅か8ヶ月で死去した。 

リスボンで生まれたとされ、リスボン大聖堂内の神学校で教育を受けた。後にパリ大学に入った(一部の歴史家は彼がモンペリエ大学で学んだと主張する)。

1245年から1250年にかけ、ペドロ・ヒスパノ(ヒスパニアで知られるイベリア半島出身の為こう呼ばれた)で知られ、シエナ大学で薬学を教えた。彼はこの地でSummulae Logicalesを書き、この本は300年以上ヨーロッパ諸国の大学で用いられた。こうして有名な大学講師としてリスボンへ戻り、ギマランイスの宮廷でアフォンソ3世の教会関係の助言者・スポークスマンとなり、ギマランイスの修道院長となった。彼はリスボン司教になろうとしたが、競い負けている。その後リスボンの学校講師となり、グレゴリウス10世の主治医となった。

1276年8月18日ハドリアヌス5世の死後、ペドロは9月13日にコンクラーヴェで教皇に選出された。彼の短い治世は、強力な枢機卿ジョヴァンニ・ガエターノ(ヨハネス21世の後継の教皇、ニコラウス3世となる)が代わりに政治を取り仕切っていた。ジョヴァンニは聖地への十字軍結成の為、正教会とカトリックの合同とキリスト教国の平和を保とうと努力した。しかし、タタール人を改宗させようと働きかけたが、成果はなかった。

ヨハネス21世はヴィテルボにある別荘に新たな翼を付けさせた。それは手抜き工事でつくられた為、ある時に彼が就寝していると屋根が崩れ落ち、重傷を負った。そして、事故から8日後の1277年5月20日に死んだ。恐らく、偶発的な事故で死んだ教皇は彼1人である。遺体はヴィテルボのドゥオーモに埋葬された。現在も彼の墓がそこで見られる。死後、『ヨハネス21世は魔法使いであったのだ』と噂が広まった。

ダンテ・アリギエーリは『神曲』の中で、偉大なる宗教学者の魂と共に太陽の天空でヨハネス21世と面会した話を書いた。

医学的著作[編集]

性交の前後の避妊法に関する最も包括的な指南書の一つが「ペドロ・ヒスパノ」によって書かれており、彼は産児制限に関する助言と月経を起こす方法とを彼の著名な『貧者の宝』(羅:Thesaurus Pauperum)で述べている。ペドロ・ヒスパノの説明する方法の多くは現代の研究でも非常に効果的なものとされており、古典古代の女性は以前考えられていたよりも産児をよく制限していたと近年では考えられている[1]。しかし、『貧者の宝』の著者が本当に教皇ヨハネス21世と同一人物であったかは不明である。

他にも、彼の眼を研究した著作が現存している。

脚注[編集]

  1. ^ Riddle, 1994.

参照[編集]

  • Maxwell-Stuart, P. G. Chronicle of the Popes: The Reign-by-Reign Record of the Papacy from St. Peter to the Present, Thames & Hudson, 2002, p. 119. ISBN 0500017980.

関連項目[編集]