レオ3世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

レオ3世Papa Leo III750年? - 816年6月12日)は、ローマ教皇(在位:795年12月26日 - 816年6月12日)。

概説[編集]

ローマの貧民階級の出身者であったが、聖職者の道を歩んで頭角を現してゆき、遂に795年にローマ教皇に就任するに至った。しかし貧民階級出身者であるレオ3世に対して反発する者も少なくなく、799年には暗殺者に襲われて危うかったところをかろうじて脱出してアルプスを越え、フランク王国カール1世(大帝)のもとへ逃げ込んだ。

そしてカール1世の保護を受けてローマ教皇としてローマに戻った後、カール1世に受けた恩や東ローマ帝国庇護下にある東方教会と対抗するという経緯、およびローマ皇帝の座が797年より空位であるとみなされていた[1][2]事情から、800年12月のクリスマスの日、サン・ピエトロ大聖堂でのミサの最中、カール1世にローマ皇帝[3][4]の帝冠を授けた。ここに西欧の大実力者とローマ教皇の提携という、西欧の新たな歴史が花開くこととなったのである。

レオ3世は816年に死去し、1673年に列聖された。

カール1世に帝冠を授け、西欧に新たな歴史の扉を開いた教皇として、評価されている。

脚注[編集]

  1. ^ ハンス・シュルツェ 『西欧中世史事典』 ミネルヴァ書房、1997年
  2. ^ 井上浩一 『ビザンツ皇妃列伝』 白水社、2009年
  3. ^ 『神により加冠されし至尊なるアウグストゥス、偉大にして平和的なる、ローマ帝国を統べるインペラトル』(serenissimus Augustus a Deo coronatus, magnus pacificus Imperator Romanorum gubernans Imperium)
  4. ^ この帝位は東ローマ皇帝との対比から西ローマ皇帝と表記されることもあるが、あくまで797年に追放されたコンスタンティノス6世の後継者としての「ローマ帝国全土の皇帝」であって、ロムルス・アウグストゥルス以降に途絶えていた(同じく西ローマ皇帝と表記される)西方正帝を復活させたものではないことに注意を要する。