ロムルス・アウグストゥルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロムルス・アウグストゥルス

ロムルス・アウグストゥルス(Romulus Augustulus, 460年 - 511年536年)は、西ローマ帝国最後の皇帝(在位:475年 - 476年)。ホノリウス帝から数えて13人目の皇帝である。

名前[編集]

ロムルス・アウグストゥス (Romulus Augustulus) の名で知られているが、本名はロムルス・アウグストゥス (Romulus Augustus) 。アウグストゥスは、アウグストゥス (Little Augustus) という意味のニックネームである。

彼自身は最後の皇帝であるが、その名は、奇しくも、ふたりの初代統治者(伝説上の王政ローマ建国の初代王ロムルス帝政ローマの初代皇帝アウグストゥス)の名をあわせたものである。

即位と退位[編集]

オドアケルに退位させられるロムルス・アウグストゥルス

ロムルス・アウグストゥルスは475年10月31日即位するが、それから一年も経たない476年9月4日ゲルマン人将軍オドアケルによって退位に追い込まれた。歴史上、この出来事をもって「西ローマ帝国の滅亡」とみなされている。しかし、すでにそれ以前から西ローマ皇帝は一切の権威を失っており、オドアケルに代表されるゲルマン人の将軍たちが実権を握っていた。

名目上のローマ帝国統一[編集]

ロムルス・アウグストゥルスを廃した後、オドアケルは西ローマ皇帝位を継承せず、それを東ローマ皇帝ゼノンに返上し、全ローマ帝国唯一の皇帝(もちろん名目上の)となったゼノンの代理として統治する、という形式を取った。こうして名目上の統一ローマ帝国となった東ローマ帝国は、1453年オスマン帝国に攻め込まれて滅亡するまで、さらに1000年近くもの長い間生き延びることになる。

退位後のロムルス・アウグストゥルス[編集]

退位後のロムルス・アウグストゥルスは概して幸運だったと言えよう。退位したときの彼はまだ若く、オドアケルはその命まで奪おうとはしなかった。息子ロムルス・アウグストゥルスを帝位につけた実の父オレステスはオドアケルに殺されたが、ロムルス・アウグストゥルス自身とその家族はカンパーニャに送られ、そこで恩給をもらい余生を過ごしている。後にオドアケルが敗れたときも、新たに権力者となったテオドリック大王から恩給をもらい続けることができた。カンパーニャでは何百年も続くことになる修道院を建てるなどの業績を残したが、東ローマ皇帝ユスティニアヌス1世によるイタリア支配権の回復をその目で見ることはなかった。

ロムルス・アウグストゥルスに関する議論[編集]

「ロムルス・アウグストゥルスをローマ皇帝とみなしてよいか」は、現代でもしばしば議論の対象になる。東ローマ皇帝ゼノンも彼を皇帝とは認めていない。先帝ユリウス・ネポスがオレステスによって475年にイタリアを追放された後も、ロムルスがオドアケルによって廃位された後ですら、ゼノンやガリアに残ったローマ帝国の将軍たちはユリウス・ネポスを正統な皇帝であると考えていた。