コンスタンティヌス3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コンスタンティヌス3世
Constantinus III
西ローマ皇帝(ホノリウスとの共同)
Constantineiii.jpg
コンスタティヌス3世の肖像が彫られた硬貨
在位 407年 - 409年(僭称)、409年 - 411年(ホノリウスとの共同)
死去 411年8月もしくは9月(9月18日にローマに首級が届く)
子女 コンスタンス2世、ユリアヌス
テンプレートを表示

フラウィウス・クラウディウス・コンスタンティヌスラテン語: Flavius Claudius Constantinus, 生年不詳 - 411年9月18日以前)は、西ローマ帝国の将軍・簒奪皇帝(407年僭称)・共同皇帝(在位:409年 - 411年)。 407年に駐在地のブリタンニアで西ローマの共同皇帝コンスタンティヌス3世を僭称し、409年にホノリウス帝から承認されるも、411年に敗北して処刑された。

コンスタンスとユリアヌスという息子がおり、前者はコンスタンス2世として409年 - 411年、父と共同皇帝になっている。

12世紀の偽史『ブリタニア列王史』でアーサー王伝説に組み込まれ、ブリテン王コンスタンティン2世として登場[1]。コンスタンス、ヴォーティガーン、オーレリアン・アンブロジアス(アンブロシウス・アウレリアヌス)、ユーサー・ペンドラゴンの父とされており、ユーサーを通じてアーサー王の祖父になる[2]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • ゾシモス『新しい歴史(ラテン語: Historia Nova)』 - 5巻及び6巻に叙述。著作権切れ英訳へのリンク、5巻6巻
  • Geoffrey of Monmouth Aaron Thompson, J. A. Giles訳 (1842), The British History of Geoffrey of Monmouth: In Twelve Books, James Bohn ; Google Books, Wikisource.


関連項目[編集]