ヘラヴィーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランスロットとヘラヴィーサ

ヘラヴィーサ英語: Hellawes)は、アーサー王物語に登場する魔女。初出はトマス・マロリーによって書かれた長編著作『アーサー王の死』。

ランスロットへの愛慕を示す。自分の愛を魔法を使ってとランスロットを誘惑しようとしたが、ランスロットはアーサー王の妻・グィネヴィアの恋を理由として拒絶される。ヘラヴィーサが終には絶望し自決。