リトー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リトー (Ritho) はアーサー王伝説に登場する巨人である。

『ブリタニア列王史』[編集]

ジェフリー・オブ・モンマスの『ブリタニア列王史』によると、リトーは自分が殺した王たちのひげで毛皮の外套をつくり、アーサー王にすみやかに自分のひげをはぎ取って自分に差し出すように命じた。しかしアーサーは戦いでリトーを倒したという。

他作品でのリヨン王[編集]

クレティアン・ド・トロワの遺作『聖杯の物語』の冒頭には、この巨人は群島王リヨン(Ryon)として名前が挙がるだけであるが、13世紀の散文『マーリン続編』ではリヨン(Rion)王としてアーサー王の敵役の1人として重要な役割を演じる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • .

関連項目[編集]

  • ライエンス英語版 - アーサー王に倒される王。作品によってRitho、Ryons、Rionなどと呼ばれている