渡邉裕美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邊 裕美子(わたなべ ゆみこ、1961年 - )は、日本文学者。立正大学 文学部文学科(日本語日本文学専攻コース)教授。専攻は中世文学・和歌文学。

人物[編集]

1984年お茶の水女子大学文教育学部卒業。1993年早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得中退。2008年「最勝四天王院障子和歌全釈」で関根賞受賞。2009年「新古今時代の和歌の研究」で早大文学博士。2011年「新古今時代の表現方法」で角川源義賞受賞。早稲田大学・宇都宮大学非常勤講師。2013年立正大学 文学部文学科(日本語日本文学専攻コース)准教授。2018年同大教授

著書[編集]

  • 『最勝四天王院障子和歌全釈』風間書房 2007(歌合・定数歌全釈叢書)
  • 『新古今時代の表現方法』笠間書院 2010
  • 『歌が権力の象徴になるとき 屏風歌・障子歌の世界』角川叢書 2011
  • 藤原俊成 「歌の家」御子左家の礎を築いた歌人 コレクション日本歌人選063』笠間書院 2018

共編著[編集]

参考[編集]

外部リンク[編集]