テオドリック (東ゴート王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テオドリック
Theodoric
東ゴート王
イタリア王
Vischer-Theodoric.jpg
テオドリックの銅像。
ペーター・フィッシャー (父)英語版作(1513年)。インスブルック宮廷教会英語版所蔵。
在位 東ゴート王:471年[1] [2][3]- 526年
イタリア王:493年 - 526年
出生 454年
死去 526年8月30日
埋葬  
ラヴェンナテオドリック廟
配偶者 アウドフレダ
子女 ティウディゴート
オストロゴート
アマラスンタ
父親 ティウディミル
母親 エレリエヴァ[4]
テンプレートを表示

テオドリック(Theodoric, ゴート語:𐌸𐌹𐌿𐌳𐌰𐍂𐌴𐌹𐌺𐍃, 454年 - 526年8月30日)あるいはテオデリック(Theoderic, Theoderik)、テオドリクス: Theodoricus)、 テオドーリコ: Teodorico)は、東ローマ帝国軍人および政治家。しばしばテオドリック大王と呼ばれる。現在のイタリア全域と、その北東部周辺を領地とする東ゴート王国を建国した。

生涯[編集]

454年東ゴート族の王子ティウディミルの子として生まれ、10歳から18歳までを東ローマ帝国コンスタンティノポリスの宮廷で人質として過ごした。父ティウディミルが東ゴート王位に就いた470年から、マケドニアテッサロニキを占領した後に死亡する475年までの間に王位を継承したものと考えられている。王位を継承して暫くは東ゴート族の主導権を巡ってローマ軍の長官テオドリック・ストラボと争い、東ローマ皇帝ゼノンとの政治的な駆け引きを繰り返したが、481年にテオドリック・ストラボが急死し、484年までにはテオドリックが東ゴート族の単独の指導者となった。

テオドリック大王のブロンズ像。(正面)
イタリアラヴェンナに今も残るテオドリックの霊廟

彼は東ローマ帝国よりパトリキウス(貴族)の地位を授与され、483年には東ローマ帝国の軍司令官484年には東ローマ帝国の執政官にも任命された。

彼の東ゴート王国創設は、東ローマ帝国からイタリア長官に任命されていたパトリキウスオドアケルが、ゼノンと政治的に対立したことに端を発する。ゼノンは、テオドリックにイタリア遠征と、イタリア本土を皇帝代理として支配させることを確約したので[5]488年モエシアを経ち、489年、リュブリャナ平原のイゾンツォ川でオドアケルの軍勢を破ると(イゾンツォの戦い)、ヴェローナミラノを占領(ヴェローナの戦い)、西ゴートの援軍を得てラヴェンナを包囲した(ラヴェンナ包囲戦)。493年、テオドリックは和平交渉によりラヴェンナ入城を果たし、降伏したオドアケルを和平の酒宴の席で暗殺した。彼は東ローマ皇帝アナスタシウス1世[6]よりイタリアの総督および道長官に任命され、イタリアの統治を委任された。また彼は自らイタリア王の称号を名乗り、その称号も497年にアナスタシウス1世より公認され、これによってイタリアに東ゴート王国が誕生した。ただし、東ゴート王国は帝国の軍隊駐屯法に従って認められた帝国内での一領地という位置づけであり、その領土も住民も依然としてローマ帝国のものとされた。また、ゴート人が就くことができる公職は軍官に限られ、民政は引き続き西ローマ帝国政府の担当とされ、立法権は東ローマ皇帝が保持していた。

イタリアの統治を開始したテオドリックは、隣国との調停を計るため、フランク王国の王クローヴィスの妹アウドフレダを妻に迎え、娘を西ゴート王国アラリック2世に、妹をヴァンダル王トラスムンドに嫁がせた。

彼を、そして東ゴート王国を最も悩ませたのは、宗教問題と後継者問題であった。テオドリックとゴート族の多くはアリウス派であったが、カトリック教徒であった皇帝ユスティヌス1世ローマ法大全を編纂させたユスティニアヌス大帝の、叔父にして先代皇帝)はこれを迫害し、東ローマとの関係は次第に悪化した。また、当時としてはテオドリック自身は長寿であったが、後継者となる男子に恵まれないまま526年に死去した。東ゴート王国にとってはこれが致命的となった。

死後の東ゴート王国[編集]

アタラリック、テオドリックの三女でアタラリックの母アマラスンタの治世中は東ローマ帝国との関係も良好であったが、アマラスンタとテオドリックの甥テオダハドの対立といった内部抗争やアマラスンタ暗殺後の東ローマ帝国との約20年に渡る泥沼の死闘(ゴート戦争)を繰り広げた末に敗れ、滅亡することになる。王国滅亡後も553年春から554年秋にかけての反乱(東ゴート族と同盟を結んだブティリヌスとレウタリス(フランク王テウデベルト1世の弟)が率いたアラマンニ族フランク族の侵攻)、555年に最後の東ゴート部隊がコンプサで降伏する(多くの兵士たちがフランク王国に亡命)といったように東ローマ帝国支配下での反乱は続いたが、561年ないし562年北イタリアにて反抗勢力を率いていた東ゴート貴族ウィディンが捕らえられて最後の反乱が鎮圧された後、東ゴート族は歴史の表舞台から姿を消した。テオドリックの死から35、6年後のことだった。

霊廟[編集]

霊廟は現在でもラヴェンナで見ることができる。

ディートリヒ伝説[編集]

火を噴き始めるディートリヒ対ジークフリート。
ヴォルムスの薔薇園』の写本の挿絵(15世紀)。ハイデルベルク大学図書館所蔵Cod. Pal. germ. 359写本第49葉表

中世ドイツの叙事詩『ヒルデブラントの歌』、『ニーベルンゲンの歌』などに登場する人物「ディートリヒ・フォン・ベルン」は、いくぶん伝説化されているものの、テオドリックがモデルである。(なお、この「ベルン(Bern)」とは、現在のスイスの都市ベルンではなく、イタリアの都市ヴェローナのことである)

ブリタニカ百科事典(1911年)によれば、「ディートリヒの伝説は様々な点でテオドリックの生涯と異なっている。これは、ディートリヒの伝説が、元来はテオドリックとは別のものであったことを示唆している。」と記述している。ディートリヒ伝説の時代考証については誤りが多く、たとえばエルマナリク(376年没)やアッティラ(453年没)が、テオドリック(526年没)と同時代の人間だと言うことになっている。

ディートリヒの物語はいくつか現存しており、これらのものは口承で伝えられてきたと考えられる。ディートリヒが登場する最古の物語は『ヒルデブラントの歌』と『ニーベルンゲンの歌』であるが、いずれにおいてもディートリヒは主要な人物としては描かれていない。

ディートリヒの伝説で最古のものである『ヒルデブラントの歌』は820年ころに記録されている。作中、ハドゥブラントは、父親のヒルデブラントが、オドアケルの手から逃れるため、ディートリヒとともに東方に向かったことを語っている。このように、ディートリヒ自体はヒルデブラントの物語では背景的に名前が出てくる程度ではあるが、この時代の聞き手がディートリヒについて充分な知識を持っていたことが分かる。そして、作中ではディートリヒ(テオドリック)の宿敵が史実通りオドアケルになっているが、のちの伝説ではオドアケルの演じる役柄がエルマナリクにとって変えられている。なお、史実ではテオドリックがオドアケルに追放されたなどという事実はない。

ニーベルンゲンの歌』において、ディートリヒはフン族の王・エッツエル(アッティラ)の宮廷で亡命生活をおくるという設定になっている。作中、ディートリヒはブルグント族との戦争においてエッツエル側として参加するが、ヒルデブラントを除く家臣をことごとく戦死させてしまっている。最終的には、ブルグントの戦士・ハゲネとギュンターを一騎討ちで打ち破り、捕虜にすることで戦争を終わらせる活躍をした。

スカンディナビアのサガはディートリヒの帰還を扱っている。最も有名なものは、13世紀にアイスランド人かあるいはノルウェー人の作者がノルウェー語で編集した『シズレクのサガ』である。ここでは本来はディートリヒと無関係であったニーベルングやヴェルンドの伝説を取り入れている。その他、レーク石碑に彫られた碑文や古エッダにも登場している。

ドワーフを生け捕りにするディートリヒ Johannes Gehrts画(1883年)

後世、ハインツ・リッター=シャウムブルクは『シズレクのサガ』の内容のうち、地形上の記述についてそれが正確であるかを検証した。そのうえで、「ディートリヒ」の伝説の起源はゴート族の王・テオドリックではありえないという結論を出した。そのうえで、リッター=シャウムブルクは叙事詩の英雄は同時代に存在した同名のゴート族であり、それがスウェーデンで「Didrik」とされたのであると主張している。さらに、リッター=シャウムブルクは「ベルン」についてもドイツの「ボン」を意味しており、ディートリヒはボンを統治していたフランク族の小規模な王族だったと主張している[7]。もっとも、この説は多くの学者から反対されている[8],。

13世紀に書かれた『ベルンの書』(Buch von Bern)によれば、ディートリヒはフン族の力を借りて王位を取り戻そうとしたことが書かれている。

子女[編集]

氏名不詳の妾とのあいだに二女がいる。

  • ティウディゴート - 西ゴート王アラリック2世と結婚
  • オストロゴート - ブルグント王ジギスムントと結婚

493年にフランク王国の王クローヴィスの妹アウドフレダと結婚し、一女をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ 『世界大百科事典 第2版』平凡社, テオドリック[大王]
  2. ^ 『日本大百科全書』小学館, テオドリック(大王)
  3. ^ 『百科事典マイペディア』日立ソリューションズ, テオドリック[大王]
  4. ^ 松谷、p.63。
  5. ^ これは、東ローマ帝国内に居座る東ゴート人を厄介払いしてしまおうと言うゼノンの思惑があった。
  6. ^ ゼノンは491年に死亡していた。
  7. ^ Heinz Ritter-Schaumburg: Dietrich von Bern. König zu Bonn. Herbig: Munich / Berlin 1982
  8. ^ See, for example, the critical review by Henry Kratz, in The German Quarterly 56/4 (November 1983), p. 636-638.

参考文献[編集]

  • 松谷健二『東ゴート興亡史 -東西ローマのはざまにて』中央公論新社〈中公文庫〉 ISBN 4122041996

関連[編集]

先代:
ティウディミル
東ゴート王
471年 - 526年
次代:
アタラリック
先代:
イタリア王
493年 - 526年
次代:
アタラリック