ローマ帝国衰亡史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ローマ帝国衰亡史』(ローマていこくすいぼうし、The History of the Decline and Fall of the Roman Empire)は、18世紀イギリス歴史家エドワード・ギボンによって、古代ローマ帝国の衰亡を記述した歴史書の古典大作である。チャーチルネルーアダム・スミス等の著名人が愛読した事でも知られる。

概要[編集]

本書は第1巻が1776年に刊行されると多くの読者を集め、1781年に第2・3巻が刊行された。当初は全3巻で完結する予定であったが、要望に応えて東ローマ帝国についても筆を進め、1788年に第4・5・6巻が刊行された。

五賢帝時代(96年より180年)における古代ローマ帝国の最盛期から始まり、ローマ帝国の東西分裂、ユスティニアヌス1世によるローマ帝国再興の試み、勃興するイスラーム勢力との抗争、十字軍などを描き、オスマン帝国によるコンスタンティノープル陥落(1453年)によって東ローマ帝国が滅亡するまでを記している。ただし、7世紀の皇帝ヘラクレイオスの後からは極端に記述が減り、ギリシア化した東ローマ帝国については否定的な著述が目立つ。特に軍事面では「根本的な問題を抱えており、勝利は全くの偶然によるもの」とまで酷評している。このため、東ローマ帝国最盛期の皇帝バシレイオス2世などについても、ほとんど述べられていない。ギボンはローマ帝国を東西に分割し、西方正帝の廃止によって西ローマ帝国が滅亡したとする考え方を発明することで後の歴史家に大きな影響を与えた。このことによりギボンは「最初の古代ローマの近代史家」と呼ばれるようになった。

訳書[編集]

関連書籍ほか[編集]

外部リンク[編集]