中野好夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中野 好夫
ペンネーム 淮陰生
誕生 (1903-08-02) 1903年8月2日
愛媛県松山市
死没 (1985-02-20) 1985年2月20日(81歳没)
職業 英文学者
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京帝国大学文学部英文学科
活動期間 1934年 - 1985年
主な受賞歴 下記受賞歴参照
配偶者 あり
子供 中野好之(長男)
テンプレートを表示

中野 好夫(なかの よしお、1903年明治36年)8月2日 - 1985年昭和60年)2月20日)は、日本の英文学者評論家。英米文学翻訳者の泰斗であり、訳文の闊達さでも知られている。

来歴[編集]

愛媛県松山市生まれ。旧制徳島中学校(現在の徳島県立城南高等学校)在学中、スパルタ教育に反発して退学。のち旧制第三高等学校へ入学。旧制第三高等学校では野球部に入っており、野球部の1年先輩には戦前最後の沖縄県知事を務めた島田叡がいた[1]

第三高等学校卒業後に入学した東京帝国大学文学部英文学科斎藤勇に師事。同じ斎藤勇の弟子に平井正穂がいる。

1926年大正15年)に卒業後、新聞社入社に失敗して千葉県の私立成田中学校に英語教師として赴任。1929年(昭和4年)に東京府女子師範学校府立二女教師、1932年(同7年)から東京女高師教授などを経て、1935年(同10年)から東京帝国大学助教授。その風貌とシニカルかつ骨太な性格から「叡山僧兵の大将」との異名を取った。この時期の教え子に木下順二丸谷才一野崎孝などがいる。

1945年(昭和20年)、敗戦を機に社会評論の分野に進出。1948年(昭和23年)から東京大学教授。この時期、太宰治の短篇「父」を「まことに面白く読めたが、翌る朝になったら何も残らぬ」と評したため、太宰から連載評論『如是我聞』の中で「貪婪、淫乱、剛の者、これもまた大馬鹿先生の一人」とやり返されたこともある。これに対して中野は、太宰の死後、『文藝1948年(昭和23年)8月号の文芸時評「志賀直哉と太宰治」の中で「場所もあろうに、夫人の家の鼻の先から他の女と抱き合って浮び上るなどもはや醜態の極である」「太宰の生き方の如きはおよそよき社会を自から破壊する底の反社会エゴイズムにほかならない」と指弾した。

1949年(昭和24年)、平和問題談話会に参加し、全面講和を主張。1953年(昭和28年)、「大学教授では食っていけない」との理由で退官し、『平和』誌の編集長となる(1955年まで)。朝鮮戦争による好況を背景に、1956年(昭和31年)、『文藝春秋』2月号に発表した「もはや戦後ではない」という評論の題名は翌年の経済白書に取り上げられ、流行語となった。

1961年(昭和36年)から翌年までスタンフォード大学客員教授。1965年(昭和40年)から1968年(同43年)まで中央大学文学部英文科教授。

1958年(昭和33年)から1976年(昭和51年)まで憲法問題研究会に参加。護憲、反安保、反核、沖縄返還、都政刷新を主張。沖縄問題への取り組みとして沖縄資料センターを設立、のち法政大学沖縄文化研究所に引き継がれた。1985年(昭和60年)に肝臓がんにより亡くなった。

人物・作品等[編集]

  • 岩波書店のPR月刊誌『図書』に、1970年1月号から1985年1月号まで、「淮陰生」の筆名でエッセイ「一月一話」を連載した。連載終了時期やエッセイの内容、1995年に刊行された完本版の著作権表示が中野夫人になっていることから、中野の著作であることが確定している。

受賞歴[編集]

著書[編集]

作品集[編集]

  1. 怒りの花束 頼もしきマキャベリスト
  2. 自由主義者の哄笑 私の消極哲学
  3. マーク・トウェインの戦争批判 私の憲法勉強
  4. 逆臣は歴史によみがえる 忘れられたある平和主義者
  5. シェイクスピアの面白さ イギリス・ルネサンスの明暗
  6. 英文学夜ばなし スウィフト考 アメリカのハムレット
  7. アラビアのロレンス 世界史の十二の出来事 権力の偉大と悲惨
  8. 忘れえぬ日本人 人間の死にかた
  9. 10. 11. 蘆花徳富健次郎(全3巻)、最終巻に年譜・著作 

淮陰生名義[編集]

  • 読書こぼればなし 一月一話 岩波新書黄版 1978
  • 完本一月一話 読書こぼればなし 岩波書店 1995

共著書[編集]

  • 沖縄問題二十年 新崎盛暉共著 岩波新書 1965
  • 沖縄・70年前後 新崎盛暉共著 岩波新書 1970
  • 沖縄戦後史 新崎盛暉共著 岩波新書 1976

翻訳・共訳[編集]

家族[編集]

最初の妻は土井晩翠の次女。長男中野好之は元國學院大學教授。娘の中野利子エッセイスト。孫の中野春夫学習院大学教授

脚注[編集]

  1. ^ 「最後の沖縄県知事」(中野好夫・文藝春秋
  2. ^ 岩垂弘 (2006年2月26日). “第69回 ボタンの掛け違いから欠陥空港に”. もの書きを目指す人びとへ. 2018年1月30日閲覧。

参考文献[編集]

  • 中野利子父 中野好夫のこと』岩波書店、1992年11月。ISBN 4-00-001364-5
  • 沖縄文化研究12 中野好夫先生追悼記念特集号法政大学沖縄文化研究所編、法政大学出版局、1986年3月。