南川高志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

南川 高志(みなみかわ たかし、1955年5月13日[1]- )は、日本の歴史学者、京都大学教授。西洋史専攻。

来歴[編集]

三重県生まれ。1979年京大文学部西洋史卒業、84年同大学院博士後期課程研究指導認定退学、84年京大文学部助手、97年「ローマ皇帝とその時代-元首政期ローマ帝国政治史の研究」で博士(文学)大阪外国語大学助教授、1995年京都大学文学部教授、1996年京都大学文学研究科教授。

著書[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • アエリウス・スパルティアヌス他『ローマ皇帝群像』1-2 桑山由文井上文則共訳 京都大学学術出版会(西洋古典叢書) 2004
  • ピーター・サルウェイ『古代のイギリス』岩波書店(1冊でわかるシリーズ)2005 ISBN 4000268856

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年

外部リンク[編集]