自省録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

自省録』(じせいろく、希:Τὰ εἰς ἑαυτόν、ラテン文字転記:Ta eis heauton)は、ローマ皇帝五賢帝の一人、マルクス・アウレリウス・アントニヌスによる哲学書ローマ人であるが、全編ラテン語ではなくギリシア語で書かれた。

最後の五賢帝であるマルクス・アウレリウスは、ローマ皇帝としての多忙な職務のかたわら哲学的な思索を好み、後期ストア派を代表する哲人でもあった。本書はその思想を直接知ることのできる、彼の唯一の著書である。

名称[編集]

原題は『タ・エイス・ヘアウトンΤὰ εἰς ἑαυτόν』で、意味は「彼自身へ」だが、この題名を付けたのがマルクス自身だったかは定かではない。日本語訳は過去に『瞑想録』の題名もあったが、現行では『自省録』を用いる。

構成[編集]

自分宛てに書き続けた短い散文の集積であり、一貫性を欠き、同じ主題が繰り返し取り上げられることも多い。内容は彼自身の哲学的思索に限定され、皇帝の自著にかかわらず、ローマ帝国の当時の状況や職務上の記録などは、ほとんど記述がない。

構成としては12巻に一応分かれているが、その巻を区分したのもマルクス自身だったかも定かではなく、また一つの書物として整理された構成でもない。これは本書が著者の内省のために書かれ、本人以外の者が読むことを想定していないことに由来し、故に内容の要約は難しい。

第一巻のみは他巻とは明らかに異なり、自分への語りかけではなく神々や自分の周囲の人々への感謝を記したものとなっている。故にこの巻は最後に書かれ、本来は最終巻に配置される予定であったという説もある。

第二巻と第三巻の冒頭には書かれた場所・状況が記されており、ここからこの二つの巻については執筆年を推定することができる。ただし、これらは第二巻・三巻の冒頭ではなく第一巻・二巻の末尾に書かれたとする説もある。

第七巻と第十一巻で、それぞれ一部の章はプラトンエウリピデスなど他者からの引用となっている。

思想[編集]

後期ストア派の特徴とされる自然学と論理学よりも倫理学を重視する態度や他学派の信条をある程度受け入れる折衷的態度が見られる。例えば、たびたび表れる「死に対して精神を平静に保つべき」といった主題においては、ほぼ常にエピクロス派原子論の「死後の魂の離散」が死を恐れる必要のない理由として検討されている。

主な日本語訳[編集]

文語訳

  • 小林一郎訳 『マアカス・アウレリアス冥想録』 (参文社、1907年)
  • 高橋五郎訳 『アウレリアス皇帝瞑想録』(玄黄社、1912年)

二点とも近代デジタルライブラリーにて閲覧可能。

現代語訳

その他[編集]