リーブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リーブラ
質量
SI 0.3274 kg (古代ローマ)
約 0.46 kg (現代)
由来 古代ローマでの1日の主食パンの質量
語源 上記由来の質量を、古代ローマ(ラテン語)で「天秤」の意のリーブラと呼称したことから
テンプレートを表示

リーブラ (libra) は、古代ローマ発祥の質量通貨単位である。

もとはラテン語天秤を意味する語である。なお、てんびん座の学名もリーブラ (Libra) である。

質量[編集]

古代ローマではアス (as) とも言った。

古代ローマ滅亡後も、リーブラはヨーロッパ各地に残った。現在はスペイン語ポルトガル語圏、つまりイベロアメリカ地域で使われる。他のロマンス語圏でも、フランス語圏ではリーヴル (livre)、イタリア語圏ではリッブラ (libbra) など似た単位名である。英語圏では単位名はポンド (pound) に代わったものの、単位記号 lb. にリーブラの名残がある。

そのため、これらは互いに翻訳される。たとえばスペイン語のリーブラは英語のポンドに、英語のポンドはスペイン語のリーブラに翻訳される。特にスペイン語・ポルトガル語圏ではほとんどの国でメートル法に移行しリーブラはあまり使わないため、単にリーブラといえばポンド(英米の常用ポンド)を意味することも多い。

1リーブラは、古代ローマでは約 0.3274 kg だった。現在は国によってわずかに違うが、一部を除いて約 0.46 kg で、ポンドの 0.4536 kg より少し大きい。

kg[1]
0.3274 Vexilloid of the Roman Empire.svg 古代ローマ
0.45359 イギリスの旗 イギリス(ポンド)
0.459 ポルトガルの旗 ポルトガル ブラジルの旗 ブラジル
0.4594 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
0.4600093 スペインの旗 スペイン
0.46025 メキシコの旗 メキシコ
0.5  コロンビア

スペイン・ポルトガル語圏の1リーブラは16オンサ (西 onsa, 葡 onça) である。これは、1ポンドや1リーヴルが16オンスであることと対応している。ただし、リーヴルと同じ由来の単位が常に、オンスと同じ由来の単位の16倍というわけではない。

通貨[編集]

古代ローマでは、通貨1リーブラは質量1リーブラの銀貨の価値であった。なお、同じ質量を意味するアスも通貨だったが、その価値は質量1(リーブラ)の青銅貨の価値(さらに時代によりどんどん価値が下がった)で、リーブラとは価値がまったく違う。

リーヴル(フランスの旧通貨)、リライタリアの旧通貨など)は、リーブラの語形変化である。名称は代わったが、通貨単位としてのポンドイギリスなど)も同じ起源で、通貨記号 (L) に名残がある。ただし、ルーブルロシアなど)は無関係である。

近代では、ペルー1898年から1931年まで補助通貨的にリーブラが使われていて、1リーブラ (Peruvian libra) = 1英ポンドペッグされていた。当時のペルーの(通常の)通貨ペルー・ソルとの換算は 10ソル = 1リーブラ だった。

出典[編集]

  1. ^ 古代ローマ、スペイン以外は 二村隆夫監修『単位の辞典』丸善