池上俊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池上 俊一(いけがみ しゅんいち、1956年10月3日 - )は、日本の歴史学者、東京大学総合文化研究科教授。西洋中世史、特にトスカーナ地方の歴史が専門だが、魔女などについての著作が多い。

来歴[編集]

愛知県生まれ。1979年東大文学部西洋史学科卒、1981年同大学院修士課程修了、1986-1988年フランス国立社会科学高等研究院留学、1994年東大教養学部助教授、のち教授(地域文化研究専攻地中海・イスラム地域文化大講座地中海文化干渉論専攻)。2015年『公共善の彼方に』でフォスコ・マライーニ賞受賞[1]。同年同著で東京大学文学博士号取得。

著書[編集]

単著[編集]

  • 動物裁判――西欧中世・正義のコスモス』(講談社現代新書 1990年)
  • 『魔女と聖女――ヨーロッパ中・近世の女たち』(講談社現代新書 1992年/ちくま学芸文庫(改訂版) 2015年)
  • 『狼男伝説』(朝日選書 1992年)
    • 『中世幻想世界への招待』(河出文庫 2012年)
  • 『歴史としての身体――ヨーロッパ中世の深層を読む』(柏書房 1992年)
    • 『身体の中世』(ちくま学芸文庫 2001年)
  • 『賭博・暴力・社交――遊びからみる中世ヨーロッパ』(講談社選書メチエ 1994年)
    • 『遊びの中世史』(ちくま学芸文庫 2003年)
  • ロマネスク世界論』(名古屋大学出版会 1999年)
  • 『万能人とメディチ家の世紀――ルネサンス再考』(講談社選書メチエ 2000年)
  • シエナ―夢見るゴシック都市』(中公新書 2001年)
  • 『世界の食文化(15) イタリア』(農山漁村文化協会 2003年)
  • 『ヨーロッパ中世の宗教運動』(名古屋大学出版会 2007年)
  • 『ヨーロッパの中世(8) 儀礼と象徴の中世』(岩波書店 2008年)
  • 『世界史の鏡 環境(9) 森と川 歴史を潤す自然の恵み』(刀水書房 2010年)
  • 『パスタでたどるイタリア史』(岩波ジュニア新書 2011年)
  • 『図説 騎士の世界』(河出書房新社 2012年)
  • 『お菓子でたどるフランス史』(岩波ジュニア新書 2013年)
  • 『公共善の彼方に 後期中世シエナの社会』(名古屋大学出版会 2014年)
  • 『森と山と川でたどるドイツ史』(岩波ジュニア新書 2015年)
  • 『王様でたどるイギリス史』(岩波ジュニア新書 2017年)
  • 『フィレンツェ―比類なき文化都市の歴史』(岩波新書 2018年)
  • 『情熱でたどるスペイン史』(岩波ジュニア新書 2019年)

共著[編集]

共編著[編集]

訳書[編集]

  • ジャック・ル・ゴフ『中世の夢』(名古屋大学出版会、1992年)
  • 『皇帝の閑暇――ティルベリのゲルウァシウス作』(青土社、1997年/講談社学術文庫、2008年)
  • ヴァンバ(Vamba) 『ジャン・ブラスカの日記』(平凡社ライブラリー、2008年)
  • 逸名作家『西洋中世奇譚集成 東方の驚異』(講談社学術文庫、2009年)
  • 『原典 イタリア・ルネサンス人文主義』(監修、名古屋大学出版会、2010年)
  • ジャック・ル・ゴフ 『アッシジの聖フランシスコ』(梶原洋一共訳、岩波書店、2010年)
  • アルベルティ 家族論』(徳橋曜共訳、講談社、2010年)
  • 『原典 ルネサンス自然学 (上・下)』(監修、名古屋大学出版会、2017年)

脚注[編集]

  1. ^ 第2回フォスコ・マライーニ賞”. 朝日新聞デジタル (2015年10月13日). 2015年10月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月16日閲覧。